FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
良いお墓とは その3
日本に、いえ、私たちの生活圏に建つお墓に、
外国材が使われ出したのは、いつの頃からなのでしょう?

うちが外材を仕入れている商社の創業が1966年(昭和41年)ということから推測すると、
昭和30年代の末には墓石用の外材の輸入が、
すでに始まっていたのではないか?と思うのですが、
いつかきちんと調べないといけないですね。

初めは、韓国からの原石の輸入が主でした。
今はほとんど使われることの無い、
青木石に似てると言われた『陰城(いんじょう)』
墓地の外柵に使われた『黄登(おうと)』
そして『雲川(うんちょん)』・・・・。

韓国の石の名前が、懐かしく聞こえます。

そして、韓国の石に取って代わって
現在墓石に使われる主力の輸入材は中国の石です。

初め原石が輸入され、いつしか原石の輸入が少なくなり、
今は製品輸入がほとんどです。

続きを読む

良いお墓とは。その2
先日、TVを観ていると住宅会社のCMで
「高い金額を払わないと良い家は建てられないの・・・」と。
その後に続く言葉は無かったのですが、
「高い金額を払わなくても、良い家は建つんです」と
言ってほしいなぁ~と、思いました。

良い家作りと、良いお墓作りは、似てると思いますよ。
住宅は生きている人が住む家。
お墓は、亡くなった方のお骨を納める家。

話は、突然変わるのですが、
宝石のダイヤモンドを思い描いてください。
あの宝石が全てダイヤと呼ばれても、
各々の石の品質によって、値段に大きな差があるのは、
皆さんご存知ですよね。

みかげ石もそうなのです。
最高級品と呼ばれる庵治石や、関西圏で人気の高い
大島石も、どの国産の原石にも、色・石の模様(目あい)・
変色が多く出るか少ないかなど、様々な石の持つ性質によって
同じ名前で呼ばれる原石にも、金額にかなりの開きがあるのです。

続きを読む

良いお墓とは。
良いお墓を建てると言うことは、
お施主様にとっても、うちにとっても
永遠のテーマだと思います。

石屋の仕事を手伝い始めた頃、
『良いお墓とは、どういうお墓か?』と、
しきりに考えていました。

お施主さまは、
『新しくお墓を建てよう』
『古いお墓のリフォームをしよう』と思い、連絡を下さる。

なぜしきりに考えたか?と言うのは、
お話をうかがっているうちに、
お施主様一人一人『良いお墓』と言う
言葉の意味合いが違うのに、気づいたからです。

お墓参りに行った事が無い人は,
まずいないと思うのですが、
お墓をご自分で建てた方は、
お施主様が考えているほど多くはいないのです。

続きを読む

プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード