FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
二泊三日の旅先は?
変換 ~ 写真 015

↑を見れば、行き先はお分かりですね。
かなり前評判の悪かったせんと君も、
市民権を得たらしくいたるところに居ました。(笑)

変換 ~ 写真 009

「奈良って、韓国語の『ウリナラ(私の国)』からきたんだよ」と
企画してくれた友人の言葉から始まった旅でした。

法隆寺・中宮寺は、知っていても中心部から離れているので、
お誘いいただけなければきっと行かなかった思います。

聖徳太子が瞑想したかもしれない夢殿や、
想像していたより大きかった玉虫厨子を
目の前に、旅に誘い出してくださったことに感謝しました。

↑は、中宮寺の甍です。
宮家とのご縁を示す菊のご紋はよく見かけますが、
菊の花を模した瓦は珍しかったので写しました。

中宮寺のご本尊は、弥勒菩薩半跏思惟像。

正式には如意輪観世音菩薩というお名前だそうですが
写真では、しっかり拝見できるのに、
手の届きそうな所においでになる弥勒さまに、
不躾な視線を送るのが申し訳なくて出来ませんでした。

という事は、またいつの日にか、
ご尊顔を拝見するために、
『お参りに来なさい』ということかもしれないなぁ~。


しわくせきざいHP
Secret
(非公開コメント受付中)

わぁ~~
アノ方のお写真は、法隆寺でしたね!!
いま、たずねてきたところですぅ~~笑

晩秋の古都・・・良いいですね~~
懐かしい~~懐かしい、、斑鳩の里、、よく訪ねた、ところですが、、、その頃は、こんな歴史的なものを、わき目に、、子供の遊び場がわりだった。。。
今は、もう少しこの世界遺産を、深く観察できるかもしれないなぁ~~シミジミ。

秋の古都めぐり~~~いいたびでしたね!!

ご一緒してました。
久しくお会いしてなかったので、
かなり丸くなった体系でお会いするのは気が引けたのですが、
お会いできて楽しかったです。

あの出会いが無ければ、この旅も無かったわけですが、
あそこからは、ずいぶん遠いところに来てしまいました・・・・。

KiKiさんにも、お会いしたいです。
お越しの節にはご一報いただければ嬉しいです。



プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード