FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
自然の摂理
事務所で、淡水の熱帯魚を飼っているのですが、
ひと月ほど前に仲間入りした、
容姿がまさに鯛そっくりな魚が産卵しました。

その魚の正式な名前は知らず、しかも2匹しか購入してないのに、
たまたまオスとメスだったようです。
水槽の環境も水草が生い茂り、底には小さな砂利がしかれ・・と
いった環境も産卵に適していたのかもしれません。

しかし、突如発生した思いもよらない
幼魚の大群に、びっくりしました。
親たちは、わが子を守るために
群れに付き添い、他の魚を寄せ付けません。
時には、非常に攻撃的な態度もとります。

『人間よりしっかり子育てしてる』と
思わずつぶやいてしまいました。

しかし、水槽の中に作られた環境も
彼らにとって決して甘くはありませんでした。
一日、一日幼魚の数が少なくなりました。
他の魚に食べられたのでしょうか?
それとも、体力のない子は育たなかったのでしょうか?

ここ2~3日で、見かけるのは2~3匹なのですが、
もう、他の魚にたべれれる事はないだろうと
思えるほど、大きくなっています。
水槽の大きさと、それまで飼っていた魚の数を
考えると、2~3匹育つのが適当かな・・・と思います。
水槽の大きさに合わせて、幼魚の数が減っていったか?とも
思ってしまいました。
水槽の作られた環境の中にも、
自然の摂理があるのだと、感じています。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード