*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
晒(さらし)
変換 ~ 写真 001

晒(さらし)は、石屋がよくつかう布地です。

どういう場合に使うかといえば、
新しいお墓が建ったとき、他家の魂がお墓に宿らないための結界をはる為に、
真石(長方形の文字が刻まれたパーツの名称)に撒いたり、
お骨や墓所の土を入れるのに使用します。

別段、白い生地なら何でも差し支えないのですが、
昔から晒を使っているので、今もそれに習って使っています。

ただ、うちが袋状に縫った晒を常備しているのには訳があります。
というのは、都会からこちらに納骨にお帰りになる皆さまは、
直径30cm、高さ30cm程度の
讃岐の常識から言うと、がいにおおきな(驚くほど大きな)骨つぼをお持ちになります。

お施主様のお墓が、大きな骨つぼが納まる納骨室があるなら問題は無いのですが、
すでにご先祖様がおいでたり、
かなり以前に作られたお墓で、納骨室が狭かったりで、
お持ちになった骨つぼをお納めするスペースが無い場合があります。
そういう時、写真の晒の袋にお骨を入れ替え納骨室にお納めします。

うちも初めは四角い布を使っていましたが、
袋の方が入れやすいということで袋状に縫うようになり、
その口を縛る紐がついているほうが
なお使い勝手がいいというわけで、↑のようになりました。

納骨室が狭くて、骨つぼが納められないという方の
ご参考になれば嬉しいです。


しわくせきざいHP
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード