*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
神有月の出雲さん
変換 ~ 039

神無月のうちに、出雲大社さんにお参りしたくて、
10月最後の日曜日に、出雲さんに伺ってきました。

出雲大社さんは、秋の観光シーズンで参拝の人が多かったのですが、
国鉄の旧大社駅は、見学の人もまばらでした。

霧雨の中にひっそりと佇む旧駅舎に、感動!

変換 ~ 024

旧駅舎の中にある、嘗ての観光案内所。
なんともいえない存在感に、これまた感動!

変換 ~ 026

↑は、嘗てのプラットホームです。
中央の小さな長方形の看板には左から旧字で書かれた『精算所』の文字が。

30数年前、この駅舎が大社駅として活躍していた頃、
ここに来たことがあります。
その時も、建物の造りに圧倒されたましたが、
30数年たって、一番記憶に残っていたのは”トイレのドアノブ”

というのも、当時ドアノブは真鍮で造られたものが多かったのですが、
ここのドアノブは、ガラスで作られていました。

ブリリアンカットさながらに細工されたガラスがキラキラ光って
とってもきれいだったので、記憶に残ったのだと思います。

ただ、残念なことに、トイレの外観は以前のままでも、
中は改装されて使い勝手のよい現代風のトイレになっていました。

ノスタルジーは、やはり使い勝手てには勝てないのでしょう・・・ね。

しわくせきざいHP
Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメさんへ
レスありがとうございます。
鍵コメさんも、神有月にご参拝なさったのです。
良いご縁をお授けいただけるといいですね。

話しは変わりますが、グッドタイミングとか、偶然とかは、
眼に見えない何方かのお計らい?とか、思うことがあります。

なので、神有月にご参拝できたのだから
鍵コメさんも、うちも、
良いご縁とタイミングに恵まれると、信じてます。(笑)
この駅舎、良いですね~!
NHKで木造駅舎を紹介するミニ番組があり、
ここも紹介されていたと思います。

憬れのガラスのドアノブ、洋館にはありましたね。
いつか、それが似合う家に住んでみたい・・・
と狙っていたけれど、叶いそうもないです。
憧れの洋館
でびぃさん、私も和モダンな洋館に住みたいです。
でも、今の所、叶いそうに無いです。(あはは)

ここ以外では、ガラスのドアノブ見たのは、
金比羅さんの図書館のドアのドアノブ。

ガラスのドアノブって、触れるとひんやりしてたと思うけど、
記憶が薄れてしまって、どうにも思い出せません。

ガラスのドアノブ、いつまでも現役でいて欲しかったと、
思っています。
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード