FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
貸し本屋
変換 ~ 写真 003

朝の連ドラ『ゲゲゲの女房』で、貸し本屋さんを描いていたので、
子どもの頃かよった貸し本屋さんのこと、
懐かしいなぁ~て、思っていたら、丸亀で出逢いました。

このおうちの、木の小さな看板。
字が消えかかってていて、はっきりとは読めないのですが、
『○○貸本』て、書いてあるみたい?です。

昭和のなごり。
丸亀には、まだまだありそうです。


しわくせきざいHP

Secret
(非公開コメント受付中)

懐かしい~~
いいですね、、、しわくさんの町には、まだ昭和の名残が、あるんですね...

中学の頃、ほんとに、よく貸し本屋さんに、通いました~~学校帰りに、、友人と立ち寄って、借りて帰ってましたね。。。駄菓子屋さん兼のところも、ありましたね...。
小さな町に、3軒くらい...あの頃は、漫画より、少女小説を、借りてましたね。
好きだったのが、後に芥川賞取られた、津村節子さんのもの、、、
今の水木さんと、同じような状況で、貸本や小説書いていたんだろうなぁと、納得しました...。
ちょっと、背伸びして、石坂洋二郎とか、、、げんじけいた<漢字忘れました~>とか...も、借りてましたね。。。
丸の内のオフィスに憧れましたね~笑~夢見る乙女!<今も、その辺は、成長していないですが...>

しわくさんの町の昭和の名残、また見つけてください~~
追記・貸本やさん
なんだか、、今も営業してるような、錯覚を、起こしてしまいました...

私の住む地は、地方都市<いなか>なのに、名残を、残すようなものが、ないような、、、。
商店街は、いまや、シャッター街ですし、、、ちょこちょこ買い物できた、近所の『八百屋』さん、、お菓子屋さん、、、いつの間にか、なくなってるし、、、悲しくなるくらい古き良き昭和がない~~
結構あります。
KiKiさん、こちら変わってしまっている所もたくさんありますが、
まだあったの!と、思わず嬉しくなるような建物や、路地なんか
たまに見かけますから、またの機会のUPしますね。

貸し本屋で何を借りていたかは、はっきり覚えてないのですが、
マンガの「サザエさん」は、借りていたと思います。

そのうちに、月刊誌や週刊誌の漫画を買うようになりました。
石坂洋二郎さんは、TVドラマで初めて知りました。
後年、読める漢字が増えてきて、改めて石坂さんの小説を
読んだように記憶しています。

あの頃、日本はだんだん良くなるんだ!と、
大人も子どもも、漠然とした希望がありました。

それから、小さな幸せに気が付く人がたくさんいて、
多くの人が足るを知っていたと思います。

「ゲゲゲの女房」の時代は
お行儀の良い大人がたくさんいたんだと、
ドラマを見ながら再確認しています。

その時代に幼少期を過ごしているから、
お行儀の良い大人になれたはずなのに、
お行儀の良い大人に成れていない自分が恥かしい・・と、
ドラマを見ながら、感動したり、反省したりしています。
No title
私、中学生の頃、このお店に行ってました。

本を借りに行っていたのではなくて

それじゃぁ何をしに?って思いますよね。

切手の収集が流行っていて友人と一緒に

切手を買いに行ってました。

○○貸本って○○は私と同じお名前だったと

記憶しています。
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード