FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
決して回し物ではありません。(笑)
変換 ~ 時計台

札幌の時計台の素敵な写真を見つけましたので、ちょいとお借りしてきました。
それで、また思い出した詩があります。

小泉吉宏さんの書かれた『一秒の言葉』
この詩、何度読んでも胸打つものがあります。

そして『一秒の言葉』で、ネットサーフィンしていたら
セイコーさんの1985年版のCMを見つけました。

このCM,2008年のリメイク版とは違う1985年という時代が感じられます。

皆さんは、どちらの映像がお好みですか?


しわくせきざいHP
Secret
(非公開コメント受付中)

なんと、感度のよい、アンテナ。。。
今年に入って、しわくさんの立てるスレッド、ますます冴えわたってますね~~
なんか、書きたいナァ~~と、思ってるうちに、、、それと、いいのかなぁ、、、おんないいスレッドに、しようもないコメントつけて、、、と思ってるうちに、、、
時間が~~~笑

いろいろな視点で、物事捉えてますね...やはり、世間の広さでしょうか...??柔軟な頭??

このCM、、古いほうが、好きです~~~
最初のあの大学ノートに、胸キュンです。。。
札幌の時計台
 少し前の夏に・・札幌の時計台に行ったんだけれど、その周辺は駐車禁止に大型バスが並んでいて・・・。あっという間だけの時計台だった・・。
 昔の上野動物園のパンダを見るようなイメージやったな・・。
 それがまた・・・逢いたくても逢えない人への想いみたいになるのかな・・。
 SEIKOさんのは・・・どちらも涙でよく見えません・・。ああいうの・・・たまらんです。年取ると・・・涙腺までゆるくなるんでしょうか・・。
ありがとうございます。
KiKiさん

自分の書くものには、正直自信はありませんが、
ほめていただいたり、コメント寄せていただくと嬉しいです。
また、コメントおまちしてま~~す。(お辞儀)
涙腺が、ゆるくなってます。
まほろばさん、私も近頃涙もろくなってます。

どちらのCMも捨てがたいのです。
初め映像の華やかや、ソフトな声が耳に心地よくて
2008年に軍配を上げたのですが、

何度か聞くうちに、先に作られたCMのナレーションの方の声の
深さに気付き、
詩の内容をいっそう深く理解さす声のような気がしてきました。

その日の気分や体調によって、聞き分けるってのもありかな?て、
今わがままなことを考えています。(笑)
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード