FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
見送りかたて、いろいろあるなぁ・・・。
変換 ~ 円楽

7時のニュースで圓楽さんが亡くなられたのを知りびっくりしました。

今「ハンカチ王子」とか「ハニカミ王子」とか、呼ばれる人がいるけど、
初代○○王子は、圓楽さんのような気がします。

圓楽師匠を私が知ったのは「星の王子さま」と呼ばれている落語家さんとして
有名になり始めた頃だから、もう何十年も前だけど、
確か、○芝の電子レンジのイベントのゲストとしてのゲストとして、
香川に来たとき『一度だけ握手してもらったことがあるなぁ~』て、
ニュースを見ながら思い出しました。

初めて見る圓楽師匠の印象といえば、
『えらい(ずいぶん)顔の大きなおっちゃんやなぁ~』でした。(スミマセン)

長々と書いてしまいましたが、今日この話題書いたのは、
小朝師匠のブログを読んでいただきたいからです。
私が言っても何の役にも立ちませんが、『小朝師匠は天才だ』と、思っています。
で、『小朝さん、きっと圓楽さんのこと書いてるだろう・・』と思って読みに言ったら
やはり書いていました。
圓楽師匠のお人柄がわかるいい文章で、ジーンと来ました。(合掌)


しわくせきざいHP
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
 それぞれの生き方があって・・。
 それぞれの信じ方があって・・。
 それぞれの受け取り方があって・・。
 それぞれのことばになって・・・。
 それぞれのお別れがあるのですね・・。
それぞれ、
で、いいのでしょうね。
見送るのに、こうせねばと言う形は無いような気がしますが、
まほろばさんは、どう思われますか?

私は、圓楽さんの訃報を知ったとき、
朝のTV小説「ちりとてちん」の
渡瀬恒彦さんが演じた落語の師匠がなくなった時の
シーンを思い出しました。

今回圓楽さんがあちらの世界に行くことで、
あちらの世界の住人の落語ファンが、
圓楽さんの落語楽しめるて、喜んでいるような気がします。
やっぱり~~
私も、あの『地獄ばっけい亡者の戯れ』<??ア、、このタイトル、怪しいね>思い出しました。。。
にぎやかな、、、あちらに、なりますね。

どんどん、知っている名人さんが、亡くなってゆく~~淋しいです~
<円楽さんは、特に笑点の司会のイメージが、、、大好きな番組です>
小朝師匠のブログ紹介ありがとう!!
きっと
KiKiさんも『ちりとてちん』思い出されると思ってました。

楽太郎さんが「私が3日まで落語会で戻れないからと、
おかみさん息子さんがお通夜をのばしてくれて・・・」と、話されてましたが、
師匠と弟子の関係って実の親子以上なのか?と、
感じさせるエピソードですね。

今の時代『こういう思いやり』は、珍しいのかもしれませんが、
私の子どもの頃には、いつも身近にありました。
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード