FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
HPの話し
良いお墓って、
   
     お金で決まるんやないんやで~」


四国は讃岐(さぬき)丸亀の塩飽石材はこう考えています。

と、先日HPのトップページに書きました。


じゃあ、良いお墓って『何?』てことになりますが、
そもそも、悪いお墓ってあるんでしょうか?
悪いお墓はないと、私は思うんです。

ただ、誰もお参りしてくれない寂しいお墓とか、
基礎工事をしてないので傾いた、出来れば直した方がいいお墓。
それから、ロウソク立や線香立て、
花立の使い勝手の悪いお墓なんかはありますが、
ここ数年墓地は、きれいに整備されてきていると思います。

皆さん、何かのきっかけでお墓を・・・てことになるのでしょうが、
誰々がそうしてるからとか、石材店に勧められたからでなく、
自分が納得のいくお墓を建てることをお勧めします。

ただ、思っていることが全て叶うことは稀です。
というのも、現実社会には、
墓地の広さとか、霊園の規格や、予算的なものなど、
様々な制約があるからです。

それから、お墓の話を進めていく時いつも思うのですが、
『何も分かりません』とおっしゃいながらも、
漠然としたお墓のイメージを、皆さんお持ちです。

なので、ご提案した何種類かのパターンの中で
質問したりしながら、いろいろ考え、
最終的に、ご自分やご家族にとって一番ベターな選択をなさいます。

こうするうちに、心の中にある悲しみや、痞(つか)えが
少しづつですが、形を変えていくみたいです。
なので、建てる方たちが納得できるて、大切だと思います。

そして、完成したお墓を見て『あぁ~、良かったぁ~』と思えたら、
沈んでいた気持ちがちょっと上向きになり、
下向いて、後ろ向いてた気持ちが、動き始めるようです。

気持ちが切り替われば、顔を上げて前を向いて歩いていこうとなり、
『大切な人の居ないこれからの人生だけど、前向きにとらえましょ』と、なるようです。

それから、私はお墓のことを良い、悪いと、位置づけないのですが、
石屋の立場であえて『良いお墓とは』と言うなら、
お墓をお守りになる皆様がお参りに行きたくなるお墓が
そうなんじやないかなて、今は思っています。


しわくせきざいHP
Secret
(非公開コメント受付中)

感謝です。
先日、これからお墓の勉強しに、
何件かお店を回るんですというお客様が起しになりました。

それと、HPの作成を見ていただいている方から、
『量販店さんとしわくさんの違いを書いたほうがいいよ』と、
アドバイスいただきました。

こういう石屋でありたいというポリシーもイメージもあり、
そこに進んでは行ってるのですが、
そのことを、キチンと分かるように伝えるのは
とても難しくて、頭悩ませています。
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード