FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
完成途中の写真ですが
寺岡家(完成写真)
先日、お墓の改修工事をさせていただいたお施主様から、
工事完成後のご感想をいただきました。

リニューアルした、しわく石材HPに不具合があり、
時間がかかりそうなので、一足先にこちらにUPさせていただきます。


下記は、お施主様からいただいたお便りです。

 今回の改修の際に「墓地替えをするか」という事と、
寄せ墓にした後の「古いお墓をどうするか」という点で悩んでおりました。
 塩飽石材様に相談して墓の土地に古い真()を残すことに決めました。

工事を進めていくうちに『なぜ墓の土地なのか!』『なぜ真を残すのか!』
その答えがわかりました。
やはりプロの方に相談してみるものだと納得!!「さすが」でした。

こちらは仕事を持っておりましたので日曜日とか、17時を過ぎてからとか
遠慮なくお願いすることも多々ありましたが、気持ち良く受けてくださり
本当に感謝しております。
 
 今回の改修でお参りしやすく、今までよりも足が向くような気がしております。
いろいろとありがとうございました。
 あとは、受け取りの時()に立ち会った孫が引継いでくれれば
これ以上の事はありませんが・・・・(笑)
                                        平成21年6月 寺岡
真  亡くなった人の魂がやどるといわれている
     家の苗字や宗教のお題目が彫り込まれている長方形の石

受け取りの時  塩飽石材では完成したお墓をご覧頂ながら、
            お墓の備品の取り扱い説明など行ったあとお引渡しをしています。


しわくせきざいHP 
Secret
(非公開コメント受付中)

ありがとうございます。
お施主様、早々のお便りありがとうございます。
ご相談をいただいて2ヶ月弱で完成できたのも、
お施主様がお墓をこうしたいというご希望を
きちんとお伝えくださったおかげです。

それから、しわく石材とお施主様との本当の意味でのお付き合いは
今始まったばかりです。
何かありましたら、お気軽にお声をかけて下さい。

それから、お施主様をご紹介いただいたMさま。
Mさまのお墓のお世話をさせていただいて、今年の七月で丸14年ですが、
M様のお陰で、また新しいご縁がつながりました。
ありがとうございました。(お辞儀)
先日の花の名前
先日、飯野山登山の帰り道一緒に登ったUさんが教えて
くれました。高速道路の側道を通りながら思い出したので
訊いてみると 『夾竹桃』(キョウチクトウ)だということです。
わたくしもwebの花図鑑調べていてて、そうではないかと
思っていたところで確信できました。v-252
そうでしたか。
麺法師さん、ありがとうございます。

夾竹桃は、白と赤、濃いピンクがありましたね。
排気ガスにも強いし、生命力旺盛な木ですから、
夏の暑さにも負けないで、いたるところで咲き誇りますね。
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード