FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2020/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
お墓は、あの世のお家
十年ほど前のお話ですが、
お施主様が『○月○日までにお願いします』とおっしゃり、
こちらもそのように仕事のタイムスケジュールを組ました。

急きょ、墓地の境界線の話で、隣りの墓所の方とうまく折り合いがつかず、
完成予定日の一週間前に、延期になりました。

それから、新たに墓地を探すようになり、
完成した墓石を一年以上、お預かりしました。

そして、新しくお墓を建てることになった墓所は、
以前より広くて、見晴らしの良い処でしたが、
ご自宅から少し離れた墓地なので、車で行くことが必要でした。

お母様が、歩いていけないと、迷っておいででしたが、
お施主さまと奥さまが、お参りに行くときは、いつでも車に乗せていくと
言うことで、結果的に、その墓地にお決めになったようです。

きっと、亡くなったお父様が、奥様だけでなく、
他のご家族の方にも、度々お参りして欲しかったんでしょうね。

私は、魂は永遠に無くならないと、感じていますので、
時々、それはお亡くなった方のご希望なの?と
思うことが、あります。

お墓はお亡くなりになった方がお住まいになる、
あの世のお家なのだから、
当然、亡くなった方も気になさってるはずですよね。

生きている人に、自覚はなくても、
魂はメッセージをおくって、
生きている人を導いてくれているのかもしてませんね。

お墓のご用を賜っていると、時々不思議な事に出会います。
それもこれも、すべて受けとめて、
お施主様のお役に立てれば、誠に有り難く嬉しい事です。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード