FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
お墓への字の追加彫り
筒井家 008
以前から、お墓に文字を彫る写真をUPしたいなぁ~と
思っておりましたが、お施主様にお願いするのを、つい忘れて延び延びにになっておりました(汗)

先日、お友達からの追加彫りの依頼があり、お願いしたところ
「ええよぉ~」と、快諾していただけました。

字彫りの様子、HPにはまだUPしておりませんが、
来週中にはお墓を動かさずに墓地で石に文字を彫る写真をUPする予定です。

写真の字彫りの石工さん、年若いお兄さんです。
古い石屋の世界にも、若い職人さんがたくさんいます。

石を製品にしていただいている工場の若い職人さん、
原石に製品できないキズや大きな雲母のかたまりが出たとき、
彼から、うちの旦那さんの携帯に石を写した写真がメールで送られてきます。

それを見た旦那さんは、彼に後の仕事の段取りを伝えます。
誠に便利な世の中になったと思います。

若い人の頑張りに負けないように、私も頑張らねば!

塩飽石材HP
Secret
(非公開コメント受付中)

現場が見たい・・。
 こういう・・現場を見てみたいですねぇ・・。お坊さんの会で・・話は聞くのですが・・・。

 水で石を削るのでしょ・・。しかも・・指定された字体で・・・。

 わからんなぁ・・。
水は使わないのです。
まほろばさん、
字彫りには砂と鉄とダイヤモンドを混ぜた粉と
エアーを使います。

水を使うのは、石を切るときと磨くときです。
なぜ、水を使うかというと、摩擦熱を冷やすためにです。

もう少しいたら、HPの方に、
字彫りの工程の順番に写真をUPする予定です。
その時、もう少し詳しくご説明いたします。(お辞儀)
あら、ここにも
拍手、頂きました。
感謝です。

字彫りの詳しい工程をお知りになりたい方はHPをの『字彫りの工程写真』をクリックしてください。
ありがとうございます。
拍手感謝です。

今、現場での追加字彫りをご用命いただいています。
何とかお盆前、いえ今月中に済ませることができるように、頑張ってまぁ~す。
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード