FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
工事の手続き
去年の春にご相談があり、市営の墓地の公募を待ち、
墓地を取得されたお施主様のお墓の移転が先日完了しました。

市営の霊園から、市営墓地ということで、
お墓の移転には双方の市役所の必要書類の提出から
仕事が始まりました。

お施主様の移転の申し込みが完了した後、
うちが霊園で工事を行うために、
神戸市の規定どおりの書類での申請が必要でした。

電話で霊園の担当者と必要な書類の説明をうけ、
工事許可申請書などの必要書類はFAXで受け取りました。
届いた用紙をコピーし、必要事項を書き込んで郵送。
と、いう手順で手続きが進んでいきました。

手続きにはまったく問題はなかったのですが、
香川県の市町は、工事許可申請を出したあと、
工事許可書を渡してくれる所が多いので、
当然、神戸市もそうだろうと、思い込んでおりました。
が、神戸の霊園では、工事許可書の発行がありませんでした。

どちらがどう!?というのではありませんが、
都会だから『工事許可書を持ってないと工事できないかな?』とか、
勝手に思っていましたのと、
実際、工事日に『工事許可書』を持参していないと
霊園に入れてもらえないところもあるので、
『えっ!?えっ?いいの・・?・・?』と、驚きました。

こちらとしては、手続きが簡単なのは願ってもないことですが、
うちとしては香川から神戸に工事に行って、
工事許可が下りてないのでは困ります。

工事日の数日前に電話確認したところ、
担当者さんから
「工事申請書受け付けました。
 ○○日に、工事に入るのでしたね。
 こちらに来たら管理事務所に寄ってください。」と。

この担当者さん親切な方でしたが、
香川では考えられないくらいアッサリとした対応に、
安心するやら、いささか拍子抜けしました。

ですが、都会と田舎では年間に扱う工事の数が
当然違うだろうから、規定どおりに手続きされた工事について
とやかく言う暇もないのだろうと、何となく納得しました。

が、往生際の悪い私は、担当者さんに連絡した時
気になっている事をうかがいました。

しわく 「あのぉ~、工事完了届がそちらに届いた後、
         書類とか連絡とか、何かありますか?」

担当者さん「工事完了届が届いたら、墓地を見せてもらいます。
        で、問題なかったら何も連絡しません。」

指示通りに、工事完成後に『工事完了届』を郵送しました。

その後、担当者さんからのお電話も文書も何もありませんから、
『便りのないのは、良かった証拠』なのですね。(笑)
Secret
(非公開コメント受付中)

所変われば・・・ですかね?
先日は,お邪魔しました(^^)
色々とお話をうかがえて楽しかったですし,何よりも元気を頂きました。

■前回訪問時にお話した内容による教訓と結論(?)

・人は何処で繋がっているかわかりません(^^;)

■本題の行政機関のお話ですが,
私も業務上,この例に漏れず,
全国的にルールが異なることが目立ってきていると感じています。
都市部だからとか,地方都市だからというものではなく,
市町村単位での業務手法がまちまちになっているのは,
公平性に欠けるようにも思えています。
勿論,社会の利便性が向上するのは良いことですが,
裏を返せば,行政業務の人員削減に伴う
手抜き(失礼!)とも考えられますからね。

昨日,行政機関でちょっと不愉快な思いをしたカラスの愚痴でした。
(^^)
こちらこそ、
黄嘴烏さん、しょーもない(どうでもいい)話に
お付き合いくださって感謝です。

>何よりも元気を頂きました。
そうですか!それは良かったです。
多少いやなことあっても、
健康で元気であれば、
おおかたのものは乗り越えられます(笑)
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード