FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
縁は異なもの、味なもの。
横関家 012

先の大安の日に、お陰様でお墓が一つ建ちました。

このお墓のお施主様、徳島の温泉に行く度、徳島型(地上式納骨)の
お墓が気になって仕方がなかったのだそうです。

このお墓、徳島型とは、少し違うのですが、ご要望をお伺いし、
使い勝手を考えて、この様式に落ち着きました。

で、このお施主様との出会いは、小説でも書けそうな出会いなんです。

うちにお仕事を、ご依頼なさるお施主様は、
ほとんどの方が、お寺様や、以前ご用命を受けたお施主様のお知り合い、
また、知人・友人の皆様のお知り合いの方がほとんどです。

このお墓のお施主様は、私用で大阪まで行ったときの帰りに
宇多津駅から事務所までタクシーを使ったのですが、
なんと、その時のタクシーの運転手さんなのです。

乗車時間10~15分の間に、四方山話をして、
事務所に着いた時、徳島型のお墓を見て、
『また来ます』と、おっしゃって、その一週間後に、
お墓のご相談に奥様と一緒に訪ねてきてくださいました。

それから、1ヶ月アレヨアレヨト、お話が進み、
ご自分のお墓(寿陵墓)が建つ事になりました。

ご縁があったのでしょうし、お墓が建つ時期になっていたのだと思いますが、
最初の数分間のタクシーの中での会話だけで、
『お墓の依頼をしてもいいだろう』と、私たちを信じていただけて、
大変ありがたく思っています。

Secret
(非公開コメント受付中)

有難うございます。
今月の仕事の山を越えて、ホッとした所に頂いた拍手。
気持ちが和みました。(感謝)
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード