FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
納骨できますか?
お墓へお骨を納める作業は、お墓の水鉢を動かすだけなので、
壮年の男の人が二人いれば、石屋がお手伝いする事も無いのですが、
「お骨はどこから入れるのか、わからないので・・」とか、
「女子どもだけなので・・・」とか、
納骨のお手伝いを頼まれる事が、増えてきています。

石屋の職人は、確かに力持ちですが、腕ちからだけでは、
重い石は動かせません。
力は、若い人には敵わないと思うのですが、
石屋の職人は、、齢(よわい)70を過ぎた人でも、
一人で水鉢を動かす事が出来ます。

それは、うまく腰の力を使うので、
かなり重い石が、ヒョイと動かせるようです。

新人の職人さんを見ていると、
やはり腰が据わってないと、感じます。

腰を据えて、石が扱えるようになると、
石屋の職人さんらしくなったなぁ~です。(笑)
9月に納骨のお手伝いの依頼があるのですが、
お施主様から
  「お骨がきちんと入るかどうか?確認して欲しい」と。

調べてみると、戦前に作られたお墓のため、
納骨室の入り口が、少し狭いのです。

骨壷を、斜めにすれば充分に入るとは思うのですが、
お施主様は、ご心配しておいでです。

このお施主様、県外の方で、
ご高齢なので、暑い中香川にお越しいただくのは、
どうも気の毒でなりませんが、
お寺様に、お話もあるようなので、お言葉に甘える事にしました。

もし、骨壷が入らないときは、さらしの袋にお骨を入れ替えて、
納骨しますし、お骨を土の上に撒く事も、理にかなった事なので、
骨壷の中にお骨を入れて納骨する事に、それほどこだわらなくて
いいと、多くのお寺様はお話なさいます。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード