FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
本家には、本家の、新家には新家の・・。
家へのこだわりが薄れている時代だと思いますが、
先日、お寺様にうかがった折に、
本家には、本家、新家には、新家のお参りの仕方が
あると言うお話が出ました。

他所様の事は、分かりませんが、嫁ぎ先も実家も、本家という事を
大切にお参りしているように、思います。
お墓参りの時、自分の所のお墓のお花とは別に
添え花用のお花を持参して、本家のお墓に花をさし、
お参りします。

お花が少ない時期に、添え花無しで、お線香だけ、
という事もありますが、本家にあるお墓全てに、お参りします。

これが、新家のお墓参りの仕方なんだと、
今になって、ようよう分かるのですが、
子どもの時、実家の祖母とお参りしていたときは、
何の自覚も無く、言われるまま幾つのもお墓に手を合わせていました。

が、うちの旦那さんのご先祖様のお墓、
旦那さんの祖父母のお墓とは、違う場所にあって、しかも、個人墓なので、かなりの数があり、
普段はご無沙汰で、お盆のお参りの時、ご無沙汰をごめんなさいと
わびながら、お花とお線香を上げます。

しかし、あの数・・・、父母が居なくなったら、きちんと把握できるのだろうか・・?と、心配・・・です。
しかも、離れた所に、ポツンとか、一つ飛ばして、その横二つとか・・・、
一年に一回では、翌年には罰当たりですが、忘れていたりして・・・。(汗)

私が、こうですから、息子の時代にはどうなるのでしょう?
無縁墓にならないように、何としないといけないですね。

しかし、これこそまさに『紺屋の白袴』ですね。
先日、若い人に「紺屋の白袴て、何ですか!?」て、聞かれました。
今の時代、失われていくものが誠に多いようです。
Secret
(非公開コメント受付中)

紺屋の白袴・・・。
・・医者の不養生・・・。

  坊主の不信心・・・。

  電話屋の無電話・・・。電話局につとめていると、家の電話は・・・使わないのですと・・・。そんな時代もおわったですがねぇ・・。そういえば、つい最近まで・・・携帯電話を持った電話局の人なんて少なかったと思いましたよ・・・。最近は・・・みんな・・・もっていますけれど。
電話屋の無電話・・?
そんなことわざあったかしら・・・と、(笑)
これは、まほろばさんの実感なのでしょうか!?

携帯電話、仕事をする身にとっては、
便利なのですが、いつでも、どこでも、
ひも付き管理を受けているようで、できる事なら
持ちたくないと、思うのは私だけかな?
ありがとうございます。
拍手ありがとうございます。
お墓が気になる時期ですね。
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード