FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
親子の関係
昨日、息子の高校の進学説明会と学級懇談会がありました。

実は、進路を決める時、この高校が目指しているように
うちの息子を育ててないと、思ったので進学を反対しました。
しかし、息子は両親の反対を押し切って進学を希望しました。

ここの高校、優れた先輩を多く輩出しており、
優れた先輩が多いと言う事はあり難い事で、
高校で息子が聞いてくる講演会の講師は、
○○○元大使とか、会社役員とか、
私は、一生会うこと無いだろうと思う、肩書きを持つ方々です。
よそのご家庭を、どうこう言うつもりは無いのですが、
昨日の学級懇談の時、先生から
「自己紹介を兼ねて何か一言お話下さい」と
振られたのですが、ほとんどの保護者の方が

Aさん「先生は、一日3時間勉強と言われてますが、うちの子はしてません・・・・」
Bさん「部活中心の生活で、勉強してません・・・」

『お~~い、勉強さえしていたら、親は安心なのかい!?』と
いいたくなる様な、コメント続出。
没個性で、なんか、面白みないなぁ~~とか、考えながら聞いていました。

そのうち、息子が4月に聞いてきた言葉が浮かんできました。

息子「父さんも、母さんも、○○大学へ行けて、どおして言うぅん?」
母 「それは、・・・」
   と、言いかける私を制して、
娘 「それはなぁ~、あんたの気が合う、
   あんたを分かってくれる人が、そこのランクの大学なら、
   きっと、ようけ(大勢)おる(居る)と、父さん、母さんが思うからや!
   姉、見てぃ~~、大学のランク下げたけん、ツライ思いしとるやろぉ・・・」と。

父 「そうや、お前は一つ合格が出た途端、受験勉強手抜いたもんなぁ~」
母 「自業自得やね」
娘 「うん、今度から、絶対そうならんようにせないかんと、しっかり自覚したでぇ~~」

いつもは、ぼぉ~~というか、のんびりぃ~~というか、
かすみの中に浮かんでいるような娘の発した、息子が聞きたかったであろう、核心を突いた言葉に、
この子も大きくなったもんだ!とびっくりしました。

「大きな会社と言えども、今の世の中ここは大丈夫!
 なんて所は、一つも無いので・・・・」
今朝、信金さんの行員さんと話したのですが、
それは、分かってはいても、私を含め、親の頭の中には
『勉強することで合格出来るランクの高い大学の先には、高収入の安定した就職先がある』と言う、
バブルと共に崩壊したはずの、一流の構図がまだあるのでしょうね。

そして、帰って目にした福島の高校生の母親殺人の話に、
かなりショックを受けました。

『勉強しろ』と言う前に
『人に迷惑かけて無いやろなぁ~?』
『自分のツケは、自分で払わんといかんのでぇ~~』と、
人として肝心なことを、もう一度我が子にきちんと確認しておかねば!です。
Secret
(非公開コメント受付中)

わが子に・・・。
 子育て・・・ていうのは難しいもんで・・・一発勝負で後先なし・・・。それでよかったのか悪かったのかは・・・あとのこと・・。わからんもんです。
 うちのい娘の時も大騒ぎ。どこの高校にもいけません・・ていう中学の教師に・・・なんだかんだと・・。でも・・・、親が子供を信頼してやらなくては・・誰がこどもを守るんでしょうか・・・。親が信頼してるんだから・・・という・・・そのまなざしを・・・こどもらは感じてほしい・・。
はい、難しいです・・・、
まほろばさん、この頃つくづく思うのですが、
子どもはどうも、親の合わせ鏡のようですね。
そして、子どものいやな面を見て
『こんな子に育てた覚えはない』と、思うのですが、
やはり冷静に考えると『そのように育てた』ようです。(大汗)
もうすぐ手元からいなくなる日も近いと思うので、
この頃、しつけの最後の仕上げと思い、
耳にたこが出来るぐらい、出来てないことを言っておりますが、
親の心、子知らずで、彼らにとって、親の小言はうるさいだけのようです。
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード