FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
思い出のパン屋さん
200704180854000.jpg

今日の写真は、水曜日と土曜日のAM6時~PM7時まで、
週に2日だけ開店する『てんとう虫』というパン屋さんです。

パン好きの奥さんが自分で焼くパンを、
他の人にも食べてもらいたくて開いたのかな?と感じさす
ご自宅の玄関先に、手作りお菓子と
趣味の雑貨を一緒の並べてある、可愛いお店です。

先日、3時過ぎにうかがった時、近所のお子さんが、
お金を手に握りしめて「パン、買いにきたよぉ~」と。

昨日は、9時前に行ったのですが、食パン類が並んでなく、
どうしたのか?とうかがうと、
「皆さん、朝食用にお買い求めになるんです」と。

このパン屋さんとご近所さんとの、ほほえましい関係を、
感じる事ができました。
好みのパン屋さんは、数々あるのですが、
昨今、近いが一番となり、遠出をしにくくなっています。

それでも、近くまで行くと食べたいパンが浮かんで、
どうしても寄りたくなるパン屋さんは、
高松市のパパベルさん(メイプルシロップパンがお気に入り)
まんのう町カレンズさん(サツマイモの入った堅焼きパンが好き)
丸亀市のフェリーチェさん(ラスクとクルトンに、手が止まらない)です。

どのお店も、おしゃれでおいしいパンが並んでるのですが、
思い出のパン屋さんは、20数年前に時々買いにいっていた、
旧32号線沿いにあった、綾歌町の『ごとうパン』
いかにもパン職人という風情のおじさんとおくさんが、
開いていたお店。

惣菜パン・菓子パン、どれを食べてもおいしかったぁ~。
パンがふっくら柔らかで、食べた時幸せな気持ちになれた。

おいしいパンを売るパン屋さんは、たくさんあるけど、
もう『ごとうパン』のようなパン屋さんは、
日本中どこを捜しても無いんだろうなぁ・・・。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード