FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
お墓のリフォーム
今日は、久しぶりに仕事の話をします。
この春の彼岸は、おかげ様で、仕事が賑わいました。

賑わうという事は、納期の無い仕事が入るということで
お天気の心配や仕事のアクシデント(石のキズなど)への対応を
いっぱいすると言う事ですが、
このご時世、お仕事がある事は、誠に幸せな事です。(にっこり)

お彼岸の入り前に、お墓のお世話をさせて頂いたお施主様に
『うちのお墓で良かったら、皆に見てもらって、かまわんよぉ~(下さい)』と
ご快諾いただきましたので、墓所・墓石のリフォーム完成写真
HPの『墓石』の最後にあげてますので、興味のある方は、ご覧下さい。

尚、お墓のリフォームの場合は、他家に使われていた石は
使用致しませんし、出来ません
事を、お知らせしておきます。

このお施主様には、亡くなったご母堂様が
昭和14年にお建てになったお墓がありました。

初め、追加字彫りのご相談だったのですが、
うちの建てたお墓の写真をご覧頂きながら、
最近のお墓事情などご説明してくうちに、お墓のリフォームの
写真に非常に興味をお示しになりました。

お施主さま 「このお墓、ほんまに古いお墓の石、
        磨きなおしたんなぁ~!?」
しわく   「真石・上台・下台は、キズが無かったので、
       ご先祖様が建てたお墓の石を磨きなおしました。
       後の石は、キズで使えなかったので
       お墓の寸法に合わせて新しくお作りしました」

お施主さま 「新しいお墓に、おとうちゃん〔ご主人様の事〕
        入れてあげたいんやぁ~。
        やけど(だけど)予算がなぁ・・・」
しわく   「石代がかからない分、安価になりますよ」

お施主さま 「うちのお墓も、磨いたらきれいになるやろかぁ~?」
しわく   「はい、お施主さまのお墓はみかげ石の庵治石と青木石を
        お使いなので磨けば新しく作った物と
        同じ輝きが戻ってきますよ。
        ただ、磨くので現在のお墓の大きさよりは一回り、
        小さくなりますがいいですか?」

お施主さま 「小そうなるんは、ええんやけど(いいのだけれど)
       うちのお墓は、どこの石が使えるんかなぁ~?」

それから、お墓を再度見せて頂き、
庵治の細目石で作られた真石
(○○家累代ノ墓と彫りこんであるパーツ)は使用し、
ナゼと呼ばれる帯状のキズがあった台石などは廃棄して、
先の台石と同じ青木石で新たに作ることになりました。

お墓の開眼と納骨の日に

お施主さま 「おとうちゃんを、こないに(こんなに)
       けっこなとこ(綺麗な所)に入れてあげれて
       良かったわぁ~。
       ご先祖さんも、喜んどるわなぁ~。
       しわくさん、ありがとなぁ~~。
       
       うちのお墓の写真みんなに見てもろてつかぁ~。
                   (見て頂いてください)
       うちのけっこ(綺麗)になったお墓みて、
       予算がないけん(ないので)
       できんなぁ~(出来ない)と
       思とった人(思っていた人)が、
       これやったら、出きるとなるかもしれんけん・・・」
                  (なるかもしれないから・・)
 
お施主さま、お気持ち、誠にありがとうございます。  
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード