FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/05
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
良いお墓とは。その4
うちは以前建てた方のご紹介がほとんどなので、
「石屋さんに全てお任せ」と言うケースもあります。

その場合も、お施主様のお話をよくうかがいます。
お墓の話だけではありません。
思い出話から、昨日の出来事まで、様々なお話です。
話し込んで、半日お施主様と過ごしてしまうこともあります。
すると、
『質の良い石で品のいい、お墓が建てたい』
『自分で花を育ててるから、たくさんお花をお供えしたい』
『予算は無いけど、拝む石だけでも、地元の石を使いたい』
お施主様の思っていることが、何となく伝わってきます。

それを踏まえて、いくつかのご提案をします。
そうするとお施主様から「ここ、こうしてやぁ~」とか、
「予算を考えると、このパターン選ぶのがベストだね」とか、
具体的な話になります。

お墓のキャッチコピーに『こころを込めた・・・お作りします』とか
ありますが、
『お墓、ああしよう、こうしよう』と、お施主様とご相談することが、
まず最初に、お墓に心を込めることだと思っています。

お墓の話をしてると、亡くなった方の事が、思い浮かび、
お施主様から「うちの亡くなった○○はなぁ~・・・」とか、
思い出話を聞くことも、度々です。

お施主様は、お亡くなりになった方を思い浮かべて、
お話してくださっていますから、
頭も心も亡くなった方への思いや、思い出が、
お顔から満ち溢れています。

石屋の手伝いを始めた頃『思い浮かべることが、供養になるよ』と
教えてくださったお寺様がおいでました。

『お経を知らなくても、宗教のお題目を気持ちを込めて唱えることで、
 お経を読んだのと同じになります』と、教えてくださった
お寺様がいます。

建てた後、地元のお施主様には、おりにつけお墓参りしていただき、
墓所から遠くにお住まいのお施主様には、
今年こそはお墓参りに行かなくてはと、思っていただけてこそ
お墓が、お墓の役目をはたせるのでは、と言う気がします。

お墓を建てるのにかかる期間は、早ければ1ヶ月。
通常2~3ヶ月もあれば、お墓は建ちますが、
お施主様がお墓を守っていかれる年月は永遠なのです。

何度も言いますが、
『お参りに行きたくなるお墓』
『うちが一番と誇れるようなお墓』は、
お施主様が、お墓作りに参加して初めて出来上がるのです。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード