FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
お前がいれば、大丈夫!
変換 ~ illust643

今日は三月三日、ひな祭りです。

今年は、お雛さまを飾ることなく今日まで来てしまいましたので、
せめてもと、ブログにお雛さまをUPしました。

話しは変わるのですが、
加麻良神社の神主さんから伺ったお話しが、心を離れないので、
ここに書かせていただきますが、お付き合い下さい。(ぺこり)

ある所に、いさかいが絶えない姑と嫁がいました。

姑とのいさかいに疲れはてていた嫁が、
ある時、交通事故をおこし、相手に怪我をさせてしまいました。

夫と離婚し、子どもを婚家に置いて、
身一つで出て行く覚悟を決めた嫁なのですが、
何言われるだろうと、心配しつつも事の次第を話さないわけにはいかじと、
姑のところに行ったそうです。

当然、激しく叱責されると覚悟を決めて姑の所に行った嫁に、
姑は「お前は、大丈夫なんか?」と、穏やかな声で問うたそうです。

そして、
「うちの家はどうなることかと、思とったらお前が嫁に来てくれて、
 孫も生んでくれて、嬉かったんで、色々言うてしもた。

 うちの家は、おまえが大丈夫だったら、大丈夫なんや。

 事故の事は、保険もはいっとるじゃろが。
 金で仕舞い出来ることはまかしとけ、うちに全部まかしとけ。

 それより、病院に行って、頭も体も全部見てもろてこい。
 うちの家は、お前が大丈夫なら、大丈夫なんやから!」と。


このお話しのお嫁さん、神主さんに相談に来ていたのだそうですが、
その度に「お宅の姑さん、そんな人とちがうでぇ~」と、話されていたそうです。

その後、神社に来たお嫁さん「神主さんのおっしゃるとおりでした」と言い、
今は仲の良い嫁姑だそうです。

子を持つ親として、このお話しの深さが心を捉えて離れませんでした。

こういうお話を、女の子のお節句の前に聞かせていただけたのも、
何かのご縁なんでしょうねぇ~。(笑顔)

しわくせきざいHP
 
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード