FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/09
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
エンゼルメイク
変換 ~ 012

今年もあと3日ですが、いかがお過ごしですか?

紅葉もまだ残っているし、桜も芝桜も少しですが咲いているので、
お正月を迎えるといっても何か???な気がします。

今日は看護師の友達に聞いたお話しです。

近年、病院では、亡くなった方への死化粧に使う
クレンジング・ファンデーション・口紅などが入った
『エンゼルメイクセット』を用意しているところがあるそうです。

死化粧は遺族に対しての心のケアーの一環としても
行われているようですが、
そういうことに重点を置かれていない時代にも、
ナース達が空き缶や菓子箱に入れた持ち寄りのファンデーションや口紅で、
死化粧を施していたそうです。

祖母が無くなった時、鏡台から口紅を出して、
土気色の唇に、母が紅を指すとほのかな華やぎが生まれたし、
数年前に亡くなった伯母は、
「おくりびと」で有名になった納棺士さんに死化粧を施され、
ばら色の頬をして眠っていました。

そして、その表情は『きっと天国に行くだろう』と
見送る側の私たちを安心させてくれました。

おくる心は、宗教という形にはなってはいないけど、
おくる側、おくられる側の
大切な供養ごとにはなっているのでは、と思ったりします。


しわくせきざいHP





Secret
(非公開コメント受付中)

re:エンゼルメイク・・。
おせわさまです。

 昨日・・近所のおばさまのご葬儀に行ったのですが、今日、けいこばぁ(家内)が、「エンゼルメイクはどうやった?」というので、何のことだかと思ったですよ。母のさっちゃんが・・・パワーが落ちてきているので、葬儀の形とかを考えて居るみたい。

 ま、病院に入院してれば・・それなりの「メイク」はしてもらえるだろうし、我が家で亡くなれば、けいこばぁやそのほかで・・エンゼルメイクはできるのだろうけれど・・。

 エンゼルメイクねぇ・・。男性にはどういうんだろ・・・。
この記事に~~
2日前、自分のところに、初めて、母と、弟の死を、書いて、、、なんか、今日しわくさんが、こういうテーマを、書かれていて、、、ジーンとしてます。
しわくさん所では、自分のところには、書けなかった弟の事、以前に、、書かせてもらいましたね。

12月が、2人が、あちらに旅立った月だから、気ぜわしくしながらも、なんとなく、寂しくなる月でもあります..
しわくさんが、いつも、あちらの世界のことを、書いてくださるのを、読みながら、2人の事を、いつも頭に浮かべて、、、<あ、、父を、浮かべない私・・・お父さん、ゴメンナサイ...と、言いながら...>

本当に、ここは、深いブログですね。。。
30年近くなる母の死のとき、、やはり、しわくさんが、言われるように、看護師さん<その頃は、かんごふさんでした...>2人が、綺麗に化粧してくれました。。。
看護婦さんたちが「きれいな、お母さまだったから、綺麗にしてあげましょうね..」と、いいながら...
娘の私は、ただただ、悲しくて、そんな余裕は、有りませんでしたが...綺麗に化粧してもらった穏やかな母の顔を見ると、、、なくなったんだ~と、実感が、わかず、嬉しい気持ちと、悲しい気持ちが、押し寄せてきたのを、思いだしました。

明日は、弟の命日です...大晦日に、旅立った、弟の命日は、一生決して、忘れないですね。。。来年で、40年になるというのに。。。

今年の最後に、長々と、書かせてもらいました。。。ありがとうございます。
又、来年も、しわくさんの心にしみるお話し、聞かせてくださいね。
どうぞ、良いお年を、お迎えください。


男性も
まほろばさん、
死化粧をエンゼルメイクと言うので、男性も同じ呼び方だと思います。

ちなみに、昔は耳とか鼻とか、綿花をつめいていたのだそうですが、
今は速乾性のジェルがあるそうです。
死後処置も、時代とともに変わっているのですね。
よいお年をお迎えください
KiKiさん、身近な人の死に対しての想いは
尽きぬことはないと思います、
また、悲しみも無くなることはないと思います。

忘れられないことを忘れる必要はないと思いますが、
想いも、悲しみも、形が変わっていくように思います。

また、変わっていかなければ、残されたものは生きていくこの難しい
場合もあるように思います。

想っている人とは、大往生した後に逢えると
私は信じています。
だから、楽しいことをいっぱい経験して、
逢えた時に、その経験をおみやげ話としなければ!です。(笑)

皆様 ありがとうございました。
今年も後数時間となりました。

来る年が、皆様にとって幸多かれと願っております。
しょ~もない、ぶろぐですが、また遊びに来てください。

みなさま、よいお年をお迎えください!!!
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード