*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
一華開五葉
変換 ~ 写真 025

あれ!?て思うようなお天気が多かった今年の夏も、
↑日々草は毎日きれいに咲いて元気をくれました。

『一華開五葉(いちげ ごようを ひらく)』と言う言葉を目にしました。
達磨大師の言葉だそうです。

一輪の花は、五弁の花びらを開いて咲く。
人も、五つの心をちゃんと持たなければ、次の世代に継承出来ない。
と言うような意味合いの言葉のようです。

『華』と言う漢字は石屋になじみの深い蓮華(れんげ)の『げ』なのに
「いっか ごようを ひらく」と読んでしまった。(汗)

さぬき弁で、阿呆な人を指して『ほっこ』と言うのだけど、
ほんま、いつまでたっても ほっこの子で、お恥ずかしい。(泪)


しわくせきざいHP
Secret
(非公開コメント受付中)

なつかしい言葉~~
‘ほっこ’という言葉、何十年ぶりに、目にしました<聞きました?>。
子供のころ、祖母や、母が、わたしたち子供を、しかる時は、「ほっこ」か、「あんぽやなぁ」でしたね...。

兄弟げんかして「ばか!」とか言うと、、‘人に向かって馬鹿なんていうたらいかん’と、、、しかられたものです。
ほっこ、、、どういう語源なんでしょうね?
なんやしらん、あたたかいですよね!!
懐かしいでしょ。
KiKiさん、自分で書いておきながら
『ほっこ』って、ほとんどつかわんなぁ~て、思いました。

さぬきに住んでいながら『ほっこ』と言う方言を
耳にする事はほとんどないのです。

あたたかくて、やさしい、さぬきの方言が
使われなくなっていくのも・・・、時代でしょうか・・・・。
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード