*All archives* |  *Admin*

2012/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
それで、良かったと思える日が来る。
japan_thumb.jpg

昨日、14年前にお墓をお建てした施主様から、
「お寺さんに永代つけるので、お墓を処分したい」とお電話がありました。

お施主様は、ご自分の年齢や体調をお考えになっての決断だけど、
無縁墓になるよりは、お墓さんにとってもどんなにいいだろうと思いながらも
石屋としては一抹の寂しさがある。

お墓の事を一番思っている方が
先を考えて出したことだから、何年か先になって
お施主様の判断が一番いい結果と、心底思える日がくると思う。

オリンピックでの結果を見ていると悲喜交々だけど、
肩を落として、結果の責任をっ全て背負った選手を見ると、
この結果が『きっと良かったと思える日がきっと来る。』と
言ってあげたくなる。


お墓の廃棄処分のご相談は、創業明治34年の塩飽石材へ
言葉の違いは、気持ちの違い
お渡しするお金のことで教えて欲しくて、
先日、同じ経験をしたお友達に電話をしたら

「○○円、支払わされた」と言う言葉が・・・・。

 こういうふうな言葉が口から出るということは、
 払った金額に納得していないからなんだろうなぁ・・・。

「支払わされた」じゃなく「支払った」と言ってもらえる仕事を、
 しないといけないと、強く思った。


お墓への追加字彫りのご依頼は、創業34年の塩飽石材へ

よかったね!なでしこ
変換 ~ 20120726-254386-1-L

眠気が先に立って、liveで見たのは後半戦の20分を過ぎた頃から。

選手たちが落ち着いていたので負ける気は全然しなかった。

恵まれない環境が彼女たちの精神を鍛え、
技術を磨かせ、結果的に心身ともに強くしたのだろう。

なでしこはワールドチャンピオンだけど、やはりワンバックのいる
アメリカの強さは相当なものだと思う。

まずは勝ち点3取れてよかった!


各種墓石・石製品のご相談は、創業明治34年の塩飽石材へ
尊いなぁ~。
001.jpg

人間界に最も縁の深い、
観音(かんのん)・弥勒(みろく)・普賢(ふげん)・文殊(もんじゅ)の四菩薩は、
末世に現れて法華経を世に広める役割をもつそうだ。

新聞に抜粋された吉田氏の言葉を読み、
菩薩様は、人の姿をかり
昨年の3月11日に福島においでになっていたのだろうと思えた。

やはり、今は末世なのだろう。

ただ、終わりは始まりだから、
見えようが、見えまいが、
感じようが感じまいが、
新しい世の扉が、
軋みながらも開こうとしているのような気がする。

お墓への文字彫りなら、創業明治34年の塩飽石材へ
美しい日本
変換 ~ CIMG5229

今、日経の『私の履歴書』は、
キッコーマン名誉会長の茂木友三郎氏が執筆なさっている。

今朝は米国留学時代の終盤のお話だったけど、
「留学中、1度も帰国せず、電話も年1回と決めていた。」と
書かれているのだけど、こういうお話うかがうと、
すぐ心折れそうになる自分の軟弱さがいやになる・・・・。

↑瀬戸の海に浮かぶ養殖筏(いかだ)です。
夏の海に美しく浮かんでいました。

決めたことを、ぶれずに全うする根性が、
美しい日本を作っていたのかもしれないなぁ。


お墓の気になるご相談は、創業明治34年の塩飽石材へ
夏休みの、始まり
変換 ~ CIMG5226

昨日、遠出しました。

朝の8時半過ぎなのに、パーキングの車と人の多さにびっくり!

『今日は夏休みの最初の日曜日』と気づき、この賑やかさも納得!

子供たち、大人たちの夏休みが、良きお休みとなりますように。


お墓の廃棄処分のご相談は、創業明治34年の塩飽石材へ
そこに 居なくて いいんだよ
連日、報道されている大津の事件。

虐め(いじめ)がない世の中が、
ベストなのだけど、
世の中の仕組みが今のままであるなら、
大人の事情が大きく関わって
学校での苛め(いじめ)が無くなることもなさそうだ。

毎日がとても辛かっただろうけど、
それでも学校へ行っていた子どもに、胸が痛む。

虐めが原因で、本気で命を絶とうとする子がもし近くにいたなら、
死にたいと思わなくてすむ居場所は見つかるはずだから
「そこに 居なくて いいんだよ。」と、言う。


各種ご相談は、創業明治34年の塩飽石材へ

こころ 洗われる ところ
変換 ~ CIMG5225

昨日は、こんぴら山にある竜王社のお祭りでした。
↑写真は、頂いてきたお下がりです。

お社の近くまで行くまでは、『あれも、これも、お願いしよう』と、
欲ぶかく思っているのだけど、

神前に向かう頃には、
頭の中空っぽになって、
『今年も、お参りにこさせていただき、ありがとうございます。』
としか、浮かばなくなる。


お墓のご相談は、創業明治34年の塩飽石材へ
おかしいなぁ・・・・。
変換 ~ semi

今日、四国は梅雨が明けたのだけど・・・。

梅雨の時期に、カエルの大合唱を聞いてない・・・。

セミの抜け殻、今朝見つけたのだけどいつもの半分の大きさ。
鳴き声も、弱々しくて耳を済まさないと聞き逃しそう・・・。

自然が何か伝えたいらしい。
こんな夏、生まれて初めて・・・。


お墓の傾きや磨き直しのご相談は、明治34年創業の塩飽石材へ
お茶しました。
変換 ~ CIMG5223

今日は海の日にふさわしい、快晴。
だけど、その分気温がどんどん上昇してます。

こんなに暑い日は、冷たい物が食べたい!
と言うわけで、3時のおやつをしてきました。

ただ、あまりに急いで食べたので、
写真撮るのを忘れておりました。(汗)

久しぶりにUPする写真が、
空っぽの食器の写真ですみません。(ぺこり)


お墓の各種ご相談は、明治34年創業の塩飽石材へ
7月1日の飯野山
変換 ~ 写真 002

遅くなりましたが、7月の飯野山です。
UPは出来なかったのだけど、写真だけは写してました。(ニコ)

石のご用命は、創業明治34年の塩飽石材へ
ご無沙汰してました。
パソコンの調子が悪くて、ブログの更新が出来ませんでした。

まだ、環境が整ってませんのでボチボチ更新してまいります。

しょ~もない(どうでもいい)ことの、書きなぐりですが、
お気が向いたなら、覗いてみてください。(お辞儀)


お墓のご用命は、創業明治34年の塩飽石材へ
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード