FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2009/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
玉砂利もいいのですが。その2
変換 ~ 池内家 010

写真のお墓は『玉砂利もいいのですが。その1』のお施主様のご親戚の墓所です。
このお家、奥様が朝夕お墓のお参りにお越しになり、
ご自分の家のお墓さんとご親戚のお墓さんにお参りなさっています。

ご親戚の墓所の石張り工事をご覧になったご主人様と奥様が
「うちも同じようにしたい」と、ご依頼くださいました。

出来上がった石張りをご覧になった奥様から
「ご先祖様が喜んでくれとるとおもうでぇ~」と、ありがたい言葉をいただきました。


うちは、仕事をさせていただいたお施主様が
自分のご親戚を紹介してくださり、お仕事をさせていただく事が
多いのですが、現場の仕事を見てご親戚さまから直接お仕事の依頼が、
と言うのは初めてでした。
お施主様、お施主様とのご縁を取り持っていただいたS様、
本当にありがとうございました。


しわくせきざいHP
玉砂利もいいのですが。その1
完成写真 010

この頃、昔からある墓地もかなり整備されていきたなぁ~とは思うのですが、
通路など整備されていない墓地も多々あります。
ですが、戦前に作られた墓地には通路が無く
よそ様の墓所を通って自分の家のお墓にお参りするという墓所も数多くあります。

写真のお墓さんも、そういう環境にあるお墓さんたちです。
規則になっているわけではありませんが、この墓地では
『おたがいさま』の気持ちで、他家の人が自分の墓所を通ってお参りに行くことを、
皆さん気持ちよく受け入れておいでです。
ただ、墓所内を人が通る回数も多くなりますから、
玉砂利が何かの拍子で巻き石の外に弾き飛ばされたり、
お年寄りが歩きにくかったり等、困ったこともあったようです。

そこで、お施主様は「おたがいさま」の気持ちを大切にして、
墓所内に板石を張ることを選ばれました。

お施主様からお便りをいただいております。
今週中に、HPの『お施主様のお便り』にUPさせていただく予定です。


しわくせきざいHP
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード