*All archives* |  *Admin*

2008/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
分かりますか?
善通寺02
大型連休が、いよいよ始まりますが、
みなさまいかがお過ごしですか?

ところで、今日の写真は総本山善通寺さんの駐車場です。
26日の大安に善通寺さんの近くの墓地でお仕事があり、
その帰りに写したものです。

善通寺さんの五重塔やご本堂などは、いろんなところにUPされていますが、
駐車場の入り口を写すのは、私ぐらいかもしれませんね。(笑)

それから、ここには移っていませんが、駐車場の左側には
大型バスもたくさん止まっていました。
この連休中に、またたくさんの方がお参りなさるのでしょうね。

塩飽石材HP
男のかお
山口県光市の母子殺害事件の判決がでた翌日、
うちがとっている新聞は地方紙なのですが、
その新聞にも本村洋さんの写真が一面に大きく載っていました。

判決が出た日、本村さんが話されるのを聞きたくて、
深夜のニュース番組を梯子していたのですが、
若いときの写真の本村さんと
TVが映し出す現在の本村さんを見て思いました。
9年間という月日が、どれほど彼の魂を磨いたかと。

そして、一日、一日を積み重ねることは
本村さんにとってどれほどの努力が必要だったかと、
思うと、胸がつまりました。

魂を磨いた人の発する言葉は、大変重く響きました。
苦しくても真っ当にも生きるということは、
人間にとってとても大切なのことなんだと、
本村さんの顔を見て思いました。

魂を磨く、これは自分自身しかできないことですが、
それは、たいそう難しいことだと思います。
果たして、私はできているのだろうか・・・と、今も自問自答しています。

塩飽石材HP
春のおくりもの
たけのこ
色調が同じなのでちょっと見にくいのですが、
写真は春の贈り物、たけのこです。

今年は先日、いつもコメントをいただくまほろばさんにお届けていただいたのを、
食べきっていない間に、次のたけのこの頂き物がありました。
そこで、ご近所にお福分けしようと、聞いてみると、
「うれしぃ~~、ありがとう」、「食べる!食べる!」と言ってもらえました。

いつもの年なら、「たけのこ、食べる?」といっても、
「もろたぁ~」とお断わりのお返事なのに、どうしたのか?と聞いてみると、
「今年はいつもの年ほどたけのこが届かない」とのこと。

「初物を食べると七十五日長生きできる」となくなった祖母が言っていましたが、
こういうこと、今の子は知らないのでしょうね。
ちょっとしたことだけど、
こういうこと知ってることが、人生を心豊かに生きる秘訣だと思う。

ちなみに、うちの子に聞いてみたのですが、やはり知らなかった・・・。(反省)
かなり、遅いかもしれないけど、人生を心豊かに過ごせる秘訣、
うちの子にも、きちんと伝えなければ。

塩飽石材HP
お墓への字の追加彫り
筒井家 008
以前から、お墓に文字を彫る写真をUPしたいなぁ~と
思っておりましたが、お施主様にお願いするのを、つい忘れて延び延びにになっておりました(汗)

先日、お友達からの追加彫りの依頼があり、お願いしたところ
「ええよぉ~」と、快諾していただけました。

字彫りの様子、HPにはまだUPしておりませんが、
来週中にはお墓を動かさずに墓地で石に文字を彫る写真をUPする予定です。

写真の字彫りの石工さん、年若いお兄さんです。
古い石屋の世界にも、若い職人さんがたくさんいます。

石を製品にしていただいている工場の若い職人さん、
原石に製品できないキズや大きな雲母のかたまりが出たとき、
彼から、うちの旦那さんの携帯に石を写した写真がメールで送られてきます。

それを見た旦那さんは、彼に後の仕事の段取りを伝えます。
誠に便利な世の中になったと思います。

若い人の頑張りに負けないように、私も頑張らねば!

塩飽石材HP
お客さまにさせていただくサービス
久しぶりにネットサーフィンをしました。
たどり着いたHPで、気になる文章をみつけました。

それは、
『お客様に対するサービスは人間がする事で、
インスタントのサービスか
それとも心を込めた手作りのサービスかは天地の差ではないでしょうか。』
という一文です。

その文章を、読んだ後、
以前お墓のお世話をさせていただいたお施主様からお電話をいただきました。

続きを読む

八重桜に思う・・・。
さくら003
ソメイヨシノの見ごろはおしまいを迎えておりますが、
お店の八重桜が花をほころばせています。
去年、花が終わったあと、枝打ちを思いきってしたのが良かったのでしょうか?
今年は、これまでで一番多いのではないかと思うほど、
ツボミをつけてくれました。

そしてこの春、20数年前から石に彫る字を書いていただいていた
書家の安部杏邨先生がお亡くなりになりました。

昨年の春先、会社名を字を先生に書いていただこうと
お願いしたところ、体調を崩されて入院しているとのお返事。

夏の盛りを過ぎたころ、一時帰宅なさった先生が
楷書体と行書体で『塩飽石材有限会社』と書いてくださった字が届きました。

やさしく、気品のある字をお書きになる方でした。
書いていただいた会社名、うちの宝物になりました。

塩飽石材HP
手づくりのクマさん人形はいかがですか?
kuma3.gif
写真は晴れ着を着たクマさんです。
このお人形、娘の成人式のときお世話になった『絹工房かねちか』
奥様の手つくりです。

ちなみに成人式に娘が着た振袖は私のですが、
帯や小物は『絹工房かねちか』の奥様が見立てしてくださいました。
その時、晴れ着を着たクマのお人形がいて、
いつかブログで写真をUPさせていただきたいと思っていましたが、
今朝、写真をUPするお願いをしたところ了承していただき、
相互リンクもしてくださると言うので、ご好意に甘えました。

ところでこのクマさんお店で、販売しているそうです。
ただ、手作りのためひと月に3セットしか販売していないそうなので、
予約待ちになるかもとのことです。

詳しくは『絹工房かねちか』に、お問い合わせしてみてください。

塩飽石材HP
瀬戸大橋
画像-008
着工から9年6ヶ月を経て1988年4月10日、瀬戸大橋が開通しました。
開通から20周年の今年、さまざまなイベントがあるようです。
うちは、岡山県に石の製品を買ってくださるお得意様があり、
それまで岡山に製品を納品するのには一日仕事だったのですが、
橋のおかげで半日あれば納品して香川に帰ってこれるようになりました。

ただ、通行料はやはり高いと思います。
本州と四国を結ぶ夢の大橋と言われた瀬戸大橋。
写真は数年前に行った牛島から撮った斜張橋です。

それから、HPのトップページをリニューアルしました。
お時間あれば、のぞいてみてくださ~い。

塩飽石材HP
手作りパンフレット
パンフレット02
塩飽石材のことをネット利用しない皆様にも、知っていただきたくて
手作りパンフレットを作りました。

お墓の写真満載のパンフレットを専門家に作って5年くらいたつのですが、
部数が多すぎてまだあります。

うちぐらいの規模では大量のパンフレットはどうも必要ではないようですので、
その時々にお知らせしたいことや、取り組みを載せた手作りのパンフレットを、
作ることにしました。

基本はHPなので、ここを読んでくださっている方は「あっ!あれね」と、
気付かれると思います。

どうか夢地蔵さんが、みなさまに幸せを運んでくださいますように(願い)

塩飽石材HP
うれしい電話
花 001
4月になったので、気分転換でしようとカラーの鉢植えを買い求めました。
そしたら、一昨日と昨日、うれしいお電話いただきました。

一つ目は、15年前にお墓のご用命をいただいたお施主様。
ローソク立てのガラスのホヤを下さいとのご依頼で、
ご自宅に伺ったのですが、足が弱って5年前から
介護を受けておいでだそうでした。
しかし、ますます素敵にお年を重ねておいでになり、
楽しい時を過ごさせていただきました。

二つ目は、息子の小学校の時のサッカー活動でご一緒したお母様。
最初、お名前を伺っても思い出せなかったのですが、
お話するうちに、お顔がはっきり浮かんできました。
サッカーでご一緒しているとき、うちが石屋だとはお伝えしていませんでしたが、
わざわざ電話番号を捜してお電話下さり、
お墓への字彫りのご用命をいただきました。

何年たっても、忘れずにいてくださって、ご用命いただけるのは、
とても嬉しいし、励みになります。
ありがとうございます。

塩飽石材HP
四月です。
飯野山0401 004

早いもので、もう四月です。
三月は、あっという間に去っていきました。(笑)

写真は今日の飯野山です。
飯野山、少しピンクががっているのが
お分かりいただけますでしょうか?
このピンクの正体は、もちろん桜です。

飯野山も、お花見スポットなのですが、
丸亀の桜はまだ三分咲きですから、
この週末くらいが、お花見には丁度いいかもしれませんね。

塩飽石材HP
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード