*All archives* |  *Admin*

2008/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
うるう年
昨日は、卸のお得意様への製品の納品で旦那さんは出張でした。
このお得意様とのお付き合いは、50年以上になります。

香川県では聞かない話ですが、
「うるう年にはお墓を建てるのはよくない」と、
言い伝えられている地域があるのを、ご存知でしょうか?

以前は旧暦のうるう年に対してのいい伝えだったのが、
旧暦になじみがなくなった近頃は
新暦のうるう年にお墓を建てるのを敬遠する傾向にあるようです。

うちのお得意様がちょうどその地域にあり、
この春のお彼岸に、お墓を建てる仕事がまったくなかったそうです。

続きを読む

お遍路さん
HI3B0023.jpg
土曜日に庵治に製品を受け取りに行ったのですが、
その足で八栗寺にお参りに行ってきました。

丸亀でもお遍路さんをよく見かけるシーズンですが、
八栗寺にもお遍路さんのご一行がお参りに来ていました。

お遍路さんの団体を見かけると、
春がそこまで来ていると実感します。

塩飽石材HP
第一回声楽アンサンブルコンテスト
私事で恐縮ですが、昨日娘が福島県に向かって旅立ちました。
と言うのも第一回声楽アンサンブルコンテスト
福島県で開かれるためです。

四国から東北と言うのは、かなり遠いなぁ~と感じる地域で、
旅費もかなりかかりますから、かなり悩んだようです。
が、人数的に厳しいから是非にと言うことで、
電卓片手にかかる費用を計算しながら、参加を決めたようです。

高校時代のメンバーと高校のコーラス部の恩師と10名での参加で、
今日の午後に予選があるようです。
明日は本選ですが、まず香川県代表に選ばれたこと自体ナゾと
いうくらい練習不足のチームですから本選は無理と考えているようです。

まあ、息の合うメンバーで楽しく歌えたらそれで良し!です。

塩飽石材HP
先生はあきらめない ーロン・クラーク物語ー
img_main.jpg
20日の春分の日は、お休みをいただいておりました。
番組の録画予約をしようとTVをつけたところNHKのBS2で
全米最優秀教師に選ばれた教師ロン・クラークの実話をもとにした
ドラマが放送されていました。

TVをつけたとき、ドラマはすでに半分終わっていたのですが、
目が離せなくなってしまいました。

ドラマ見た後ネットで検索して分かったのですが、
このドラマの主人公ロン・クラークは2001年に、ディズニーが選ぶ
『全米最優秀教師』に過去最年少で選ばれたのだそうです。

ニューヨークのハーレムにある学校の先生として
かなりユニークな教え方で、
生徒を勉学の世界に引き込んで行きます。
ドラマの終盤にかなり感動的な場面が何度もあり、
涙があふれました。

写真はドラマでロン・クラークを演じたマシュー・ペリー です。
映像がNHKの海外ドラマホームページからお借りしました。

それから、ロン・クラークが生徒たちに教えるルールをまとめた著書
「あたりまえだけどとても大切なこと(The Essential 55)」は
25か国以上で出版され、世界的ベストセラーとなっているのだそうです。

NHK海外ドラマは、イギリスのBBCの「高慢と偏見」「紅はこべ」、
アメリカドラマ「ER]・韓国ドラマの「冬のソナタ」「オールイン」とか、
かなり見ています。

視聴率とか関係ない立場で、番組を作ってくれる、
電波にのせてくれることを願って、受信料払っています。

塩飽石材HP
サクラサク
昨日は、春本番の陽気でしたが、
今日は風が強く雨が降って、肌寒い日です。

そして、今日は香川の公立高校の合格発表の日です。
そのお陰で、息子は9時50分登校となり、
朝のお弁当つくりは少しゆっくりできました。

通勤の途中に自転車に乗ったおそらく中学3年生だろうと
思う男の子2人とすれ違いました。

彼らにサクラはサイタでしょうか?
今日は、悲喜こもごもの15歳が香川にあふれています。
「何があっても楽しい人生、私のうえにはいつも青空。」
サクラのサイタ15歳も、
サカナカッタ15歳も
みんながんばれぇ~~~。

塩飽石材HP
アジアの風を感じてください
本島出身の吉田幸男さんのホームページのご紹介です。

先日、
『私も本島出、生家は勤番所の前、生粋の海賊です。』と
吉田さんからメールと頂きました。
しわく繋がりとは、うれしい限りと、
いただいたメールを読ませていただきました。

そして、ご自身もHPをお持ちだということで、
覗かせていただきました。

ご自身が訪れた国々の写真や、
吉田さんのご興味のある事柄をUPされています。

その中には、チベットの写真もあり、
ここ数日のTVが伝えるニュースが信じられない
穏やかなチベットの様子が写されています。

チベット・ベトナム・シルクロード・雲南省、
私が旅してみたいと思う地域の写真満載です。
讃岐に居ながらにして、
アジアの風を感じることが出来ました。

塩飽石材HP
アクシデント
仕事用のパソコンのハードディスクが壊れてしまいました。
と言うことで、しばらくブログの更新も遅れそうです。

コメントのお返事も遅くなるかも知れません。
みなさま、お許し下さいませ(お辞儀)
模様替え
フクロウ
春のお彼岸までの仕事も無事済ませ、少しほっとしております。
取りあえずホコリのたまった事務所の掃除にとりかかりました。

そして、それまでの使っていたテーブルを新しい物と取替えました。
といっても、相変わらずの石のテーブルなので
代わり映えはばえはしませんが、長さが以前の物より長くなりましたので、
ふくろうの石の置物を置くことにしました。

ふくろうは『学問の神様』とも言われますが、
『不苦労』や『福ろう』と、言われ幸せを呼んできてくれると言われ、
縁起物だそうです。
春風と一緒に福が舞い込んできてくれますように。(笑)
春の足音
ふきのとう
ここにコメントをいただく、まほろばさんから、
今年もふきのとうを頂きました。(感謝)
去年は天ぷらにしたのですが、今年はふきのとう味噌に挑戦です。

夜には、お天気崩れるそうですが、
今のさぬきは、かすみたなびく、春模様です。
もうすぐお彼岸
お菓子 001
この所、お菓子の写真が多いなぁ・・・です。(笑)
このお菓子、お友達にいただいたのですが、
外側がホワイトチョコで中に白あんという、今まで食べた事の無い組み合わせ。
食感もちょっと変っていて、何かの拍子にたべたぁ~~い!て、
よみがえってくる気がしました。

話し変って、今年の春のお彼岸は17日が入りで、23日が明けになります。
このお彼岸は、お陰様でバタバタと動き回っておりました。
今日、墓地で霊号を彫りこむ仕事が完了すれば、
取りあえず、お彼岸までの仕事がひと段落となります。

今日の字彫りは、神徒さんなので霊号と書きましたが、
真言さんなら戒名、一向さんなら法名といいます。
概ね亡くなった後にいただいた名前・没年月日・俗名(生前の名前)・
亡くなった時の年齢を彫る依頼が多いのですが、
今回、時代かな・・・・、と思うことがありました。

続きを読む

蓮池薫ブログ
蓮池薫さんのブログのことは、以前にも書いたのですが、
この人、はっきり言って更新遅いです。

お~い、いつ更新するんだよぉ~~と、
思っていたら、韓国に取材旅行に行っていたそうです。
蓮池薫のソウル紀行と題して、今日の時点で2話ほどUPされています。

拉致されて北朝鮮で長い年月暮らした蓮池さんが、韓国で何を感じ
何を思うか、興味のある方は読んでみませんか?
お墓が建ちました。
お菓子02
2月に建てさせていただいたお墓の開眼供養がありました。
お墓の写真はHPにUPしております。
このお墓、お施主様のご要望を叶えるために
巻き石の上に玉垣(お家に例えれば、低い塀)を据え付けたことで、
素敵な仕上がりになりました。
興味のある方はご覧下さい。

写真は、お施主様のご好意で頂戴したお菓子です。
お施主様は県外にお住まいの方で
お会いしたのは、お墓の建つ前に2回と、
先日の開眼供養の日の、合計3回です。
後は、全てメールでのやり取りでお仕事を進めさせて頂きました。

ITの進歩のお陰で、県外にお住まいのお施主様に対しての
対応がスムーズにできるようになりました。

続きを読む

値上げのお知らせ
塔婆立
写真は木の塔婆を立てる塔婆立てです。
塔婆を必要としない宗派もありますから、
どのお墓にも付けるわけではありませんが、
塔婆を仏事の節目、節目にお寺様に書いていただく
宗派の方にとっては、なかなか使い勝手の良い物です。

昨今、鉄やステンレスが高騰しているのは知っていましたが、
うちにも影響が出始めました。
工具屋さんから、値上げを言ってきた時は
とりあえず在庫があったのと、塔婆立てを必要としない宗派の
お墓が続きいたので、聞き流していたのですが、
2~3月と塔婆立てを必要な宗派のお墓が続いたため、
ステンレスの塔婆を仕入れる事になりました。

続きを読む

季節外れの・・・。
シクラメン
今頃ポインセチアというのもおかしいですよね。
ですが、お水をやるくらいで何の手入れもしていなかったのに、
先月の中頃に出てきた葉がほのかに色づき始めました。

自宅では、葉を色づけるのは難しいと言われいていたので
今朝、かなりはっきり色づいたのを発見してびっくりしました。
びっくりした勢いで写真UPです。(笑)
おひなさま
雛人形 005
50数年前に実家の父が娘達のために用意してくれた
おひなさまです。
小さい時には、幼馴染の家にある丹精なお顔のお雛さまに憧れていて、
うちのおひなさまの愛嬌のある表情が不満でした。
でも、今はこの表情がお気に入り。

物の無い時代に生まれましたから、豪華なひな壇はありませんでしたが、
父が、机や木箱などを使ってひな壇をつくり、赤い布をかけ、
中央には、このおひなさまが鎮座し、
セルロイドの起き上がりこぼし。
ケースに入ったフジ娘。
青い目に金髪の抱き人形。
それこそ女の子のお祭りに相応しい
お人形がひな壇の上にずらりと並びました。
そして、花瓶に生けた柳に
ふ菓子のひな飾りをつけて桃の花をそえました。

ケースのガラスに私が写っているのですが、
それはご愛嬌とお許し下さい(笑)
3月です
飯野山0301 001

いよいよ弥生3月の始まりです。
朝一番、お施主様から字彫りのご相談がありました。
お一日の朝一番に仕事のご相談があると、
その月、仕事が賑わう気がして、嬉しくなります。

写真は、今日の飯野山です、
今日のお山は、お日様いっぱい浴びて春めいた様子です。
『もうすぐ春ですよ。
   寒さも、もうすぐ終わりますよ。』と
お山の、声が聞こえてきそうな気がします。
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード