FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2007/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
熊野三社巡り その5
kumano-043.gif

写真は、熊野那智大社の近くの青岸渡寺にある重文の鎌倉時代の
宝篋印塔(ほうきょういんとう)です。

青岸渡寺は西国三十三観音霊場第一番札所ですが、
本堂の樋受けに、五七の桐の家紋が見えたので、
お札の受け所の人に
「秀吉さんとゆかりのあるお寺さんですか?」と、尋ねると。

「信長さんのお寺の焼き討ちにあったのを、天正18年(1590)秀吉さんが
 再建されたんです。」と、教えてくれました。

写真の宝篋印塔は元享2年(1322年)の造立と書かれていましたが、
685年前に作られた石塔は、苔むして、なんとも言えない
重厚感と存在感がありました。

人力だけが頼りの時代、こんなに大きな石をどうやって
山頂近くまで運んだのでしょう?
また、どうやって、石を組み立てたのでしょう?

誠に信仰心の力というものは、凄いものです。
熊野三社巡り その4
kumano-038.gif

熊野那智大社の那智の大瀧と三重塔です。

この日も猛暑日。
瀧の近くに行っても、汗が噴き出しました。
何箇所か瀧の水が飲める水飲み場がありましたので、
有り難く、飲ませていただきました。

途中で、あまりの暑さに茶店に飛び込んだのですが、
そこで出てきたお水も、瀧の上流の水をひいてきて、
出しているのだそうです。

瀧のお水は、まろやかで、やさしい味でした。

プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード