FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2007/02
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  >>
良いお墓とは その3
日本に、いえ、私たちの生活圏に建つお墓に、
外国材が使われ出したのは、いつの頃からなのでしょう?

うちが外材を仕入れている商社の創業が1966年(昭和41年)ということから推測すると、
昭和30年代の末には墓石用の外材の輸入が、
すでに始まっていたのではないか?と思うのですが、
いつかきちんと調べないといけないですね。

初めは、韓国からの原石の輸入が主でした。
今はほとんど使われることの無い、
青木石に似てると言われた『陰城(いんじょう)』
墓地の外柵に使われた『黄登(おうと)』
そして『雲川(うんちょん)』・・・・。

韓国の石の名前が、懐かしく聞こえます。

そして、韓国の石に取って代わって
現在墓石に使われる主力の輸入材は中国の石です。

初め原石が輸入され、いつしか原石の輸入が少なくなり、
今は製品輸入がほとんどです。

続きを読む

プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード