*All archives* |  *Admin*

2007/02
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  >>
良いお墓とは。その4
うちは以前建てた方のご紹介がほとんどなので、
「石屋さんに全てお任せ」と言うケースもあります。

その場合も、お施主様のお話をよくうかがいます。
お墓の話だけではありません。
思い出話から、昨日の出来事まで、様々なお話です。
話し込んで、半日お施主様と過ごしてしまうこともあります。

続きを読む

良いお墓とは その3
日本に、いえ、私たちの生活圏に建つお墓に、
外国材が使われ出したのは、いつの頃からなのでしょう?

うちが外材を仕入れている商社の創業が1966年(昭和41年)ということから推測すると、
昭和30年代の末には墓石用の外材の輸入が、
すでに始まっていたのではないか?と思うのですが、
いつかきちんと調べないといけないですね。

初めは、韓国からの原石の輸入が主でした。
今はほとんど使われることの無い、
青木石に似てると言われた『陰城(いんじょう)』
墓地の外柵に使われた『黄登(おうと)』
そして『雲川(うんちょん)』・・・・。

韓国の石の名前が、懐かしく聞こえます。

そして、韓国の石に取って代わって
現在墓石に使われる主力の輸入材は中国の石です。

初め原石が輸入され、いつしか原石の輸入が少なくなり、
今は製品輸入がほとんどです。

続きを読む

前田のコロッケが・・・・。
コロッケ

昨日から、息子の学校で学期末の試験が始まっています。
今日、うちの旦那さんは卸のお仕事で、岡山ですから、
お昼ご飯は家で、息子と二人で食べました。

さて、質より量がウエイトを占める年齢の男の子ですので、
おかずは久しぶりに前田精肉店のコロッケとハムロールに
しようと、朝から決めていました。
ここのコロッケ、国産和牛のミンチが入って少し甘めの味付けで、
おかずも良し、おやつとして食べればなおの事良し!です。

続きを読む

良いお墓とは。その2
先日、TVを観ていると住宅会社のCMで
「高い金額を払わないと良い家は建てられないの・・・」と。
その後に続く言葉は無かったのですが、
「高い金額を払わなくても、良い家は建つんです」と
言ってほしいなぁ~と、思いました。

良い家作りと、良いお墓作りは、似てると思いますよ。
住宅は生きている人が住む家。
お墓は、亡くなった方のお骨を納める家。

話は、突然変わるのですが、
宝石のダイヤモンドを思い描いてください。
あの宝石が全てダイヤと呼ばれても、
各々の石の品質によって、値段に大きな差があるのは、
皆さんご存知ですよね。

みかげ石もそうなのです。
最高級品と呼ばれる庵治石や、関西圏で人気の高い
大島石も、どの国産の原石にも、色・石の模様(目あい)・
変色が多く出るか少ないかなど、様々な石の持つ性質によって
同じ名前で呼ばれる原石にも、金額にかなりの開きがあるのです。

続きを読む

売ってもいいんだ!
ミルキー
午前中に銀行に行った帰りに、お豆腐を買いにいつものお店にちょこっと寄り道です。
ミルキーは当然無いよねと、置いてある棚を覗いたら、
先日より、ミルキーの袋が増えているではありませんか!
そして、ポップキャンディーの袋も増えているのです。

続きを読む

密かに楽しむ。
もうどこにも売っていないと思っていた
メーカーのミルク味のアメ。

灯台下暗しで、いつも買い物に行くお店に、
ひっそりとおいてある、あの袋を発見しました。

まあ、私が自己責任で食べるのだし、
アメだからと思って
2袋買ってしまいました。

今、大切に味わって食べてます。
あぁ~、懐かしい!
この味が無くなるの?
無くならないで欲しいなぁ・・・・。
良いお墓とは。
良いお墓を建てると言うことは、
お施主様にとっても、うちにとっても
永遠のテーマだと思います。

石屋の仕事を手伝い始めた頃、
『良いお墓とは、どういうお墓か?』と、
しきりに考えていました。

お施主さまは、
『新しくお墓を建てよう』
『古いお墓のリフォームをしよう』と思い、連絡を下さる。

なぜしきりに考えたか?と言うのは、
お話をうかがっているうちに、
お施主様一人一人『良いお墓』と言う
言葉の意味合いが違うのに、気づいたからです。

お墓参りに行った事が無い人は,
まずいないと思うのですが、
お墓をご自分で建てた方は、
お施主様が考えているほど多くはいないのです。

続きを読む

私にもチョコが!
今朝鏡を覗いて、あまりにひどい髪をしているので、
『あぁ~、カットに行きたいなぁ~』と思ったところ、
グッドタイミングな事に、今日は雨で現場なし!
旦那さんが、事務所にいてくれるので、
午前中お休みを頂いて、美容院に行ってきました。

お店の女の子の一人の胸に赤い可愛いハートのペンダントが。
「バレンタインデーだから、ハート?」と聞くと
「そうです。分かりますかぁ~」とにっこり。

私を担当してくれた別の女の子に
「この頃私はあげるより、貰う方が嬉しくなってね。
 おいしいチョコ食べたいよねぇ~~」と何気なく話したところ、
帰り際に、彼女からチョコのプレゼント。
思いがけない心遣いに、嬉しくなりました。

ほんと、気が付くともう、バレンタインデー!という、感じです。
2月は、日数が少なくて、今日が折り返し日。
このまま、あっという間に月末になりそうです。
いい歌声は、子守唄・・・・。
昨日、坂出高等学校の音楽ホールで、
ヴォーカルアンサンブルコンテストを
3時過ぎから1時間半ばかし、聞いてきました。

このコンテスト毎年この時期にあるのですが、
ジュニアから一般まで、幅広い年代層の合唱が聞けます。

香川県は音楽科がある高校が2校あり、
そのうちの1校が坂出高校です。
ここの音楽ホールは音響が良いので、
参加者はかなり気持ちよく歌えているのではないでしょうか。

続きを読む

ナレーションの忘れらない声
先日、新聞のチラシの中に『ジェットストリーム』のCDの販売を知らす小冊子があり、
番組の初代の案内役、城達也さんの声がにわかに蘇(よみがえ)ってきました。

城さんの声を始めてラジオで聴いた時、
世の中にはこんなに素敵な声の人がいるのか!と、驚きました。
番組の内容などまったく思い出せないので、
城達也さんの声が、今も耳に残っているとは、思いもしませんでした。

そして、もう一人忘れられない声の方がいます。

続きを読む

原石に関してのクレーム
原石


HPの掲示板に、まほろばさんから、石の赤錆(あかさび)についての
クレームのご質問がありました。
このご質問、かなり専門的な事で、普段お客様に知らすことの無い、
でも、石に関わる人たちの隠れた努力が伝わるお話です。
いい機会なので、多くの方の目に留まるブログで書かせていただくことにしました。
尚、写真は原石の断面を写したものです。

石に赤錆のクレームというのは、あると思います。
何しろ自然のものなので、風雨にさらされているうちに、採掘した時には予測できなかった、
元々持っていた石の本質が、(赤錆だけでなく、何年後かに出てくるキズ)出てくる場合があります。

人間で喩えれば、こんな所に、ほくろが出来てるとか、
シミが濃くなった・・・・とか、いう感じでしょうか。

ただ、この錆は青木石くらい採石の歴史があれば、
経験から予測が付くこともあります。

続きを読む

ばね指
1月の中頃に、左の親指の付け根が痛くなったのですが、
まあ、大したことも無いだろうと
そのままにしておいたら、今度は親指が曲がったまま
動かないのです・・・・。

ゆっくり指を動かすと、なんと、カクカク音がして、
痛みを伴い始めました。

これは困ったと思い、昨日整形外科に行ってきました。

続きを読む

お墓を建てる時期は、何時がいいの?
お墓はいつ建てればいいのとか?
お尋ねになるお施主様と先日お会いしました。

宗教的なことに詳しいわけでも、
占いをしているわけではないので、
明確にはお答えできませんが、
経験上、少しだけアドバイスが出来ることがあるので、
それをお伝えしました。

続きを読む

ストラディヴァリウスの調べ
昨夜、ヴァイオリンの名器と言われるストラディヴァリウス
「レインヴィル」での演奏を聞く機会がありました。

いつもお世話になっている布木紙楽土(ぬのきしらくど)さんでの
コンサートなのでストラディヴァリウス「レインヴィル」は
ほんの目の前、弦の本数を数えれれるくらい近くにありました。

このストラディヴァリウスは企業が所有しており、
次世代を担う日本の若手ヴァイオリニストに
2年と言う期限付きで貸し出しされているのだそうです。

続きを読む

こんなところにも、キティちゃんが
kite


ここ2~3年岡山の最上稲荷さんにお参りに行くのですが、
今年は1月20日に行ってきました。

今日から2月。明後日は節分です。ちなみに今年の恵方は北北西だそうです。
プロフィール

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード