*All archives* |  *Admin*

2006/10
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
読めない字
更新がとどこうっておりました。
少なくとも3日に一度は更新をと思っていたのが、
かなり、遅れてしまいました。(反省)

先日、卸のお得意様から
「『誓願之瀧』と言う文字を
自然石の青石に彫って欲しいのだけど、
勢いのある文字で、瀧が流れているイメージで、
読む人が、読めない字でお願いしますと、
お寺さんが言うとるんやけど、そんな字書ける人いるかなぁ~」と
電話がかかって来ました。

読む人が、読めない字・・・・とは、
電話の石材店さんも、困りきっていました。

文字は感覚の部分が多くて、イメージどおり書いたとしても、
依頼主が駄目と言えば、それでお終いですので、
私も、どうしたものかと頭を抱えてしまいました。

考えた末、字彫り店の会長が懇意な、
一人の先生にお願いして、書いていただくようにしました。

秋口になり、体調を崩されていたため、
書いていただくのに三週間ほどかかりましたが、
お寺様のイメージどおりだったようで、
ひと目でお気に召していただきました。

この先生、字彫り店の会長曰く、
「ええ字書いてもらうために、高額なお包み
 持って、お願いしに行く人多いんぞぉ~~」
だそうです。

今回は、会長のおかげで、
石屋の仕事値段で書いていただけました。
会長、ほんと感謝しています。

感謝の気持ちを、仕事でお返しできるように頑張りますね。
つねヤン
お昼休みに、図書館に行きました。
図書館には車で行ったので、近くの市営の
地下駐車場に車を止めました。

図書館側の出口には、エレベーターが無いので、
階段を登って外に出るのですが、
中ほどにある踊り場に、ダンボールを敷いて
一人の浮浪者が体を丸めて横になっていました。
まさか人がいるとは思ってもいなかったので、
かなり驚きました。

続きを読む

講習会
となり街の商工会議所で『経営革新塾』という
夜の7時30分~10時までの2時間半の
講習会に通っています。

テーマごとに講師が変わるのですが、
経営革新のカリキュラムが多方面から組まれています。

17日と昨夜23日にの講師は
同じ方だったのですが『自分の思考回路が右脳派か?
左脳派か?』というテーマと『発送の転換は足元から』と
いう二つのテーマで話されました。

時々、勉強会に行って刺激を受けないと
自分中心に世界が回っていると勘違いしそうになります。

異業種の方とお会いすることも刺激になりますし、
今自分が考えていることが、世の中の流れに合っているかなど、
自分自身をチェックするいい機会になります。

また、仕事を終え夕食の準備も済ませて出かける事が
出来ると言うのも嬉しいです。
しかし、開始時間が遅いと言うのは、
終わる時間が遅いのは当然ですよね。

帰宅して、残った家事を済ますと
12時前という生活を久しぶりにしています。
自分が必要とするヒントをいただける話が聞けたとき、
講習会に行って本当に良かったと思えるのですが、
そのヒントを感じるのも自分しだいなので、
これが中々難しいです。
犬も人も、頑張れ その3
広島ドッグパークの譲渡会が今週末の21日・22日に開かれます。
それを手伝うボランティアさんを緊急募集しているのですが、
朝6~7時にパーク入りしないといけないので、
やはり無理かなぁ~と、思います。

その代わりと言っては何ですが、
先週末にもう一度ドッグパークに行ってきました。
2度目のパークの印象は、かなり整ってきたなぁ~です。

続きを読む

先祖代々之霊
かなり年数がたっている場合、
没年月日が分からなかったり、
このような漢字は無いのでは?と思う字が
お位牌に書かれていたりと言うケースは
よくあります。

今、お墓の改修の仕事を承っているのですが、
一人だけ戒名の分からない方がいます。
数え年二才で亡くなられているので、
幼かったので、戒名を付けなかったのか?
と想像していたのですが、
昨日、墓石に彫る字をお施主様にお届けし、
その訳が分かりました。

続きを読む

犬も人も、頑張れ その2
広島ドッグパークの件を書く気は無かったのですが、
ドーベルが一匹なくなったと知り、書きたくなりました。

私が行った時ドーベルは確か2頭いたと思います。
そのうち1匹は、バリケンの中で、クルクル回る動きを
なかなか留めませんでした。

亡くなったのは、その子でしょうか?
それとももう1頭の子でしょうか?
どちらも、元気だったので聞いたとき、
なんと言えない気持ちになりました。

続きを読む

日本も捨てたものじゃない(犬も人も、頑張れ)
連休にお休みがいただけたので、
広島ドッグパークに行ってきました。

相当覚悟して行ったのですが、
犬たちの衛生環境は、最初見たHPの写真が
信じられないくらい整っていて、
保護団体が介入して、わずかの期間に
良くここまで、早急に改善できたと
頭が下がる思いでした。

ボランティアに来ている人は、
驚くほど若い人が多かったです。
大学生や高校生の子どもが居る私たちは、
最高齢から何番目だろう?と思いました。

若いボランティアの方々が、
仕事の内容を選ばず、汚れることを厭わず
黙々と作業をこなす姿に、
久しぶりに『日本も捨てたものじゃない!』と
思えました。

続きを読む

自然の摂理
事務所で、淡水の熱帯魚を飼っているのですが、
ひと月ほど前に仲間入りした、
容姿がまさに鯛そっくりな魚が産卵しました。

その魚の正式な名前は知らず、しかも2匹しか購入してないのに、
たまたまオスとメスだったようです。
水槽の環境も水草が生い茂り、底には小さな砂利がしかれ・・と
いった環境も産卵に適していたのかもしれません。

しかし、突如発生した思いもよらない
幼魚の大群に、びっくりしました。

続きを読む

隙間をコンクリートで留める
「急な事で申し訳けないのですが、納骨が出来ないので
 追いでてもらえませんか?」とお寺様の奥様からお電話を
いただきました。

東京からお越しの施主様がお待ちだというので、
たまたま主人が居たので、道具を持ってあわてて、
お寺に伺ってもらいました。

帰ってきた主人に、納骨できなかった訳を聞くと、
水鉢をコンクリート留めしていたそうです。

通常の型の墓石の場合、水鉢を取り除けて
納骨します。
そのため、水鉢をコンクリートや接着剤で
留めることはしません。

戦前に作られたお墓には、
台石に切込みを入れ納骨するための空間を作って無いものや、
すべて手作業で作っていた時代のお墓は、精度が出てなくて
水鉢の後ろ面と台石の面がぴったり合わない事があります。

今回のお墓さんは後者ケースで、
出来た隙間にコンクリートを詰めていたようです。

続きを読む

広島ドッグパーク崩壊
まったく知らなかったのですが、
人災にあっている犬たちがいると知り、
驚いています。

早速、HPを覗いてきたのですが、
480頭ほどの犬たちが生命の危機に瀕しているような状況です。
写真を見ただけで、胸が詰まりそうになります。
通報によりボランティアが救援に入った時、
熱中症や栄養失調で、多くの犬たちが亡くなっていたようです。

この世のことは、この世で解決するしかない。
人が起こした不始末は、人がお仕舞いするしかない。
数日前、この話とまったく関係の無いところで、
続けて二人の方から聞きました。

ボランティアの人たちのおかげで、
犬たちの環境は改善されつつあるようですが、
さまざまな問題が、山済みのようです。

しかし、このドックパークの件も、
人が起こしたことなので、
人によってお仕舞いするしかないようです。

興味のある方は、広島ドッグパークで検索をかけてみてください。
プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード