*All archives* |  *Admin*

2006/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
飯野山
午前中に、近くの飯野山(いいのやま)に登ってきました。
この山は標高2200mあり、健康のためと称して
平日でもかなりの人が登っています。
今日は、土曜日で以前平日に登ったときより、
一段と多くの人に出会いました。

しかし、山道というのは体に堪えます。
休みながら登り、休憩を30分とり、
下山して時計を見ると、2時間ほどかかっていました。

続きを読む

韓国ドラマ
昨日で秋のお彼岸が明けました。
納骨のお手伝いや何やかやで、わが家のお墓にお参りに
行けたのは23日のお中日でした。

お墓にお花をお供えしながら『遅うなって、ごめんなさい』と
頭を下げたのですが、まさに紺屋の白袴で
仕事でお参りが遅れたのは
ご先祖様も許してくれるかなぁ~です。

お彼岸の連休に友だちが渡してくれた
韓国ドラマのDVDを観たのですが、
それは、もし現代に韓国王朝が続いていたらと言う仮想ドラマで、
亡き先帝の遺言で、高校生の皇太子が
普通の女子高校生と結婚したところから、
ストーリーが展開します。

この仮想王朝は、梨本宮方子さまが嫁がれた
李王朝を参考にして作られたドラマなので、
皇太子の婚姻の様子や、
皇太后・皇后の韓国民族衣装のチマチョゴリや
韓国独特の髪形など、韓国皇室が現存していたら
きっとこうなんだろうと思えて、観ていて面白かったです。

韓国のドラマの中には、私の子どもの頃にはあたり前だった、
自分より年長者を敬い、家族を大切にし、自分の分をわきまえている、
真面目で律義な人がたくさん出てきます。

俳優の誰が良いというのでなく、
なんでもありの世界でなく、
真面目で律義な人な人たちの価値観で
物語が展開していくのが判っているから、
安心して観ていられるし、気持ちを投入しやすいのかな?と
この頃、やっと気がつきました。

日本のドラマもこの頃少し描く視点が
変わってきたように思います。
そのドラマの放送が待ちどおしくてたまらないと言う、
日本のドラマがまたできると、嬉しいですね。
真石の輸送
昨日、横浜からお施主様がお見えになり、
ご先祖様のお墓の真石の移動を依頼されました。

もちろんお骨揚げも一緒にするのですが、
お骨は、お施主様が引き取りにおいでるのですが、
真石は、今のところ石材専門の運送業者に運んで
貰う予定にしています。

ただ、運送屋さんは様々な石材店さんから頼まれた
製品を積みあわせて関東に向うので、10tトラックで移動します。
だから、『大型トラックの入らないところは、行けません』と
最初に言われてしまいました。

お施主様にお手紙を差し上げ、大型トラックが
入ることが出きるか否かを問いあわせているのですが、
遠方に石を送る場合、運送屋さんを使うのが一番安価なのです。
大型トラックが入れる霊園であると良いのですが・・・・。
テープのお経とごはんさん
昨日、浄土真宗のお寺様とお話する機会があり、
お施主様から質問されて、どう応えていいか
戸惑ってしまった二つの事柄を、お尋ねしてみました。

ただ、宗教や寺院の方針など、これが全てではないので、
あくまで、ご参考までにということを
頭の中に置いておいて下さい。

続きを読む

うちのジンクス
先週末から、秋雨前線の影響でお天気がぐずつき、
昨日はこれでもかぁ~と、雨が降りました。

明日の大安に、またお墓が一基建つのですが、
先週来、お天気を気にして胃の痛い日々を過しておりました。

昨日の天気予報では14・15日が曇り時々雨の予報だったので、
14・15の両日の、雨の止む間に仕事をしようと計画していたのですが、
今朝の天気予報を見ると、両日とも、お日さまマークが出ているではありませんか!
なんと、ありがたいことかと、お天気に感謝しました。
しかし、台風も近づいているので、やはり予定通り現場に入りました。

今回お建てするお墓は、新家さんの新仏さまなのですが、
今朝の青空を見ていると、
仏さまが、お墓が建つのを待ってらっしゃるような気がしました。

そして、先ほど現場の様子を見てきたのですが、
墓地から目と鼻の先程の小学校で、
秋の運動会が行われていました。

お施主様から、お亡くなりになった方が、
ご自宅に人がつどうことを、何より好まれてと伺っていたので、
お亡くなりになった方が、ご自分のあの世のお家が建つ時は、
人が集う賑やかな雰囲気の中でと、望まれた様な気がしました。

今はもう、うちのジンクスになりかけているのですが、
初めてお施主様にお会いした時、お天気が良いと、
不思議と建前の日は雨が降らないのです。

そう言えば、今回のお施主様にお会いした日も、
お天気の良い日でした。
健康診断
今日、健康診断に行ってきました。
自営業は体が資本と思い、
ここ数年、毎年9月~10月に一般検診を、
指定されている病院に受けに行きます。

今日ご一緒した方が『年々数値が悪くなるので、
健康診断に行くのが億劫です』と、おっしゃっていたのですが、
まったくそのとおりです。

今回も『体重オーバーです。痩せてください』と
問診の時に言われましたが、おかげ様でその他は大丈夫なようです。
2週間後には、血液検査と胃と肺のレントゲン検査が届きます。
その時、再検査の用紙が入って無ければ、ホッと一安心です。

しかし、今日の問診のときの若い先生の
『やせるために運動してる、歩いているというのは、
 日本人の幻想です!食生活と量を見直さないと
 絶対!やせません!!!』という言葉に、
我が家のおかずの量が頭に浮かびました・・・・。
毎日歩いているから大丈夫と思うのは、
どうも、大間違いなようです。
地元から観た、映画『UDON』 その2
映画は、瀬戸大橋が映り初めた頃から、
あっ!ここは坂出のどこそこや。
ここは、宮池の松井製麺所のあるとこや!
○○のうどんやや!おばちゃん、今日は化粧してる!とか、
あまりに知ったところが映るので、
映画の内容より、あぁ~、ここでもロケしたんやなぁ~と、
思うことが多すぎて、ストーリーどころではありませんでした(爆)

自分の生活テリトリーがロケ地になった人が感じる違和感とか、
馴染みの景色に、映像になると実際よりキレイに見えるとか、
あの位置からあそこが見える訳ないとか、
ロケ地の住人の視点で観ていたのだと思います。

続きを読む

地元から観た、映画『UDON』 その1
映画『UDON』が上映されて十日が過ぎましたが、
新聞によると、香川での観客動員数は、
目覚ましいものがあるようです。

昨日の地方紙に載っていたのですが、
これをキッカケにうどんのルーツを捜しに
中国へ行くという話も計画されているようです。

私は2日の土曜日の8時25分からのレイトショーで観たのですが、
チケットを買いに行ったときは、時すでに遅しで、ほぼ満席でした。

どうしようか?と迷ったのですが、この日を外すと
時間がとれそうにないので、
結局、最前列で思いっきり画面を見上げながらの視聴でした。

現在『UDON』は2館のシネコンで上映しており、
時間帯によっては、A・B二つの上映室で同時上映されていますが、
年配の方も多く見られて、
香川県人にとって、さぬきうどんは
ソウルフードに違いない!と実感しました。

また、私が行った映画館はロケ地に近い映画館だったので、
エキストラとして参加した人たちが、
足を運びやすい映画館だったという事もあるのでしょうが、
シネコンが出来て依頼の人の賑わいのように見えました。

長くなるので、映画の感想は、次に書きます。
申訳ないです。

プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード