FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2006/02
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  >>
石との出会い
お墓や、灯籠に加工される原石で、初めて見近に目にした石は、
主人の実家が山から切りだしていた『青木石』と名付けられた
みかげ石でした。

山には原石を切りだすために必要なパワーショベルや、
大型のコンプレッサーだの、それまで本で知っていても
近くに目にしたことのない重機が並んでいました。

『ここが原石を採掘するところ』と案内された山の丁場は
すでに山肌をおおう土を取り除かれ、少しだけ原石が
顔をのぞかせていました。

『木に木目があるように、石にも石目がある』と、
教えられました。
石を採掘するときに『目』『すくい』と呼ばれる
石の粒子の並びを読み取ることが、
後の作業をやりやすくしてくれます。

野菜やお肉を切るときを思い浮かべて下さい。
繊維に沿った切り方をすると、簡単にキレイに切れますよね。
石も同じなのです。
大きな石の固まりを目にすることは、普通無いから、
石の性質を知る機会など、まずありませんよね。
しかし、石もまた地球が生み出した産物なので、
関われば関わるほど『自然のものだ』と
納得してしまう事に出会うのです。
20060222164307.jpg

プロフィール

しわく

Author:しわく
創業明治34年
今4代目が
「うまず・たゆまず・あせらず」を、
モットーに、元気にお仕事しています。

最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード